現在のページ: 重要情報 > 技術仕様

技術仕様

Polar M600

オペレーティングシステム Wear OS by Google
プロセッサ MediaTek MT2601、デュアルコア1.2GHzプロセッサ(ARM Cortex-A7ベース)
電池タイプ 500 mAh リチウムポリマー充電式電池
動作時間(Android) 2日 / 8時間のトレーニング
動作時間(iOS) 1.5日 / 8時間のトレーニング
動作温度 -10 °C~+50 °C / 14 °F~122 °F
充電時間 最大2時間
充電温度 0 °C ~ +40 °C / 32 °F ~ 104 °F
素材 デバイス:
コーニング® Gorilla®ガラス3
ポリカーボネート/アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン/グラスファイバー
ステンレススチール
ポリメチルメタクリレート
ポリアミド

リストバンド:
シリコン
ポリカーボネート
ステンレススチール
GPSの精度 距離 ±2%、スピード ±2 km/h
サンプルレート 1秒
心拍センサー 光学式心拍数測定(6個のLED)
センサー 加速度センサー、周辺光センサー、ジャイロスコープ、バイブレーションモーター、マイク
耐水性 水泳にも使用可能(IPX8 10m)
メモリ容量 4GB 内部ストレージ + 512MB RAM
ディスプレイ 1,30"、240 x 240 ピクセル、260ppi 透過型TFTディスプレイ
重量 63g
寸法 45x36x13mm

Polar M600スポーツウォッチは、Android 4.4以降またはiOS 10.0以降をインストールしたスマートフォンに対応しています。スマートフォン上でg.co/WearCheckにアクセスし、Wear OS by Googleに対応しているか確認できます。

Bluetooth®ワイヤレス技術を使用。

M600は次のPolar心拍センサーにも対応しています:Polar H6、H7、H10およびOH1心拍センサー。

Polar製品の耐水性

ほとんどのPolar製品は、水泳時に着用できます。ただし、ダイビングには使用できません。また耐水性を維持するため、水中でデバイスのボタンを押さないでください。GymLink対応Polarデバイスと心拍センサーを使用して水中で心拍数を測定する場合、次の理由から干渉が起きる可能性があります:

  • 高濃度塩素水のプールや海水は非常に伝導性が高いです。心拍センサーの電極部分がショートする可能性があり、心拍センサーがECG信号を検出できない可能性があります。
  • 水中への飛び込みや競泳の際の激しい筋肉活動では、心拍センサーが、身体上でECG信号が検出できない場所にずれる可能性があります。
  • ECG信号の強さは個人差があり、生体組織の構成により異なる可能性があります。水中で心拍数を測定する場合、問題が生じやすくなります。

手首での心拍数測定機能付きPolarデバイスは、水泳や入浴に適しています。水泳時も手首の動きからアクティビティデータを収集します。しかし、テストによると、手首での心拍数測定は水中では最適な結果が得られないため、水泳では、手首での心拍数測定をおすすめしません。

時計の産業規格の耐水性は、通常、メートルで表示されますが、これはその深さでの水の静圧になります。Polarはこれと同じ表示体系を使用しています。Polar製品の耐水性は、国際規格ISO 22810またはIEC60529に基づきテストされています。耐水性に関する表示のあるすべてのPolarデバイスは、出荷前に水圧に耐えることがテストされています。

Polar製品は、耐水性によって異なる4つのカテゴリに分類されます。Polar製品の裏側に耐水性のカテゴリが記載されています。下の表を参考にご確認ください。これらの定義は、他のメーカーの製品には必ずしも当てはまらないことに注意してください。

水中で活動を実施する際は、水中での動きにより生み出される動圧が静圧よりも大きいです。つまり、水中で製品を動かすことにより、製品は静止状態で受ける圧力よりも大きな圧力を受けます。

製品の裏側の印 水滴、
汗、雨など。
入浴や水泳 シュノーケルによるスキンダイビング
(エアタンクなし)
スキューバダイビング
(エアタンクあり)
耐水性の説明
耐水性 IPX7 OK - - - 高圧洗浄機で洗わないでください。
水滴、雨などから保護されています。
参照規格:IEC60529。
耐水性 IPX8 OK OK - - 入浴や水泳のみ使用可能。
参照規格:IEC60529。
耐水性
耐水性 20/30/50 m
水泳に使用可能
OK OK - - 入浴や水泳のみ使用可能。
参照規格:ISO22810。
耐水性 100 m OK OK OK - 水中で使用できますが、スキューバダイビングには使用できません。
参照規格:ISO22810。