現在のページ: 機能 > 速度とパワーのゾーン

速度とパワーのゾーン

速度やパワーのゾーンで、トレーニングセッション中の速度やパワーが簡単にモニタリングでき、目標とするトレーニング効果が得られるよう速度やパワーを調節できます。最適な効果が得られるよう、セッション中にトレーニング効率をガイドし、異なる強度のトレーニングの組み合わせを可能にします。

設定

速度やパワーのゾーン設定は、Polar Flowウェブサービスから調節できます。これらは、使用可能なスポーツプロファイルにおいてオンまたはオフにできます。5つのゾーンがあり、ゾーンリミットは手動で調節できます。また、デフォルトのゾーンを使用することもできます。ゾーンはスポーツ別に設定でき、各スポーツに合うようゾーンを調節できます。ゾーンは、ランニングスポーツ(ランニングを含むチームスポーツなど)、サイクリングスポーツ、また、ローイングやカヌーイングに用意されています。

デフォルト

デフォルトを選択した場合は、ゾーンリミットを変更できません。デフォルトのゾーンは比較的高いフィットネスレベルでトレーニングする方向けに最適化されています。

フリー

フリーを選択した場合、すべてのリミットを変更できます。もしご自分の実際の閾値をテストで測定し、無酸素性作業閾値や有酸素性作業閾値、または乳酸性閾値の上限・下限といった値が分かれば、それに合わせた速度またはペースのゾーンでのトレーニングが可能です。無酸素性作業閾値を、速度およびペースのゾーン5の最小値に設定することをお勧めします。また、有酸素性作業閾値を使用する場合、ゾーン3の最小値に設定します。

スピードゾーンに基づいて、トレーニング目標を作成できます。Flow Syncを使用して目標を同期させると、トレーニング中にトレーニングデバイスからガイダンスが届きます。

トレーニング中

トレーニング中に、今のゾーンと各ゾーンで費やした時間を確認できます。

トレーニング後

M460のトレーニングサマリーで、速度やパワーの各ゾーンで費やした時間の概要が確認できます。同期後に、速度・パワーのゾーンの詳細情報がFlowウェブサービスで視覚的に確認できます。