現在のページ: スタート方法 > ボタン機能とメニューの構造

ボタン機能とメニューの構造

操作ボタンの機能

M460には、状況により異なる機能を持つ5つの操作ボタンがあります。各モードにおける機能は、以下の表をご参照ください。

左ボタン

時刻表示とメニュー    プレトレーニングモード トレーニング中
  • ディスプレイの点灯
  • 長押しでボタンロック
  • ディスプレイの点灯
  • 長押しでスポーツプロファイル設定を開く
  • ディスプレイの点灯
  • 長押しでクイックメニューを表示

左下ボタン

時刻表示とメニュー    プレトレーニングモード トレーニング中
  • メニューの終了
  • 前のメニューに戻る
  • 設定を戻す
  • 選択項目をキャンセル
  • 長押しでメニューから時刻表示に戻る
  • 時刻表示画面で長押ししてFlowアプリと同期
  • 時刻表示画面に戻る
  • 1回押してトレーニングを一時停止
  • 3秒間長押しでトレーニング記録を終了

スタートボタン

時刻表示とメニュー    プレトレーニングモード トレーニング中
  • 選択を確定
  • プレトレーニングモードに入る
  • ディスプレイ上の選択項目を確定
  • トレーニングセッションの開始
  • 長押しでゾーンロックをオン・オフ
  • 一時停止時にトレーニング記録を再開
  • ラップ記録

右・右下ボタン

時刻表示とメニュー    プレトレーニングモード トレーニング中
  • メニューリストを移動
  • 値を調整
  • スポーツリストを移動
  • トレーニングビューを変更

メニューの構成

右上ボタンまたは右下ボタンを押してメニューを表示します。選択した項目でスタートボタンを押して確定、左下ボタンで戻ります。

メニューには以下の項目があります。

  • ダイアリー
  • 設定
  • テスト
  • インターバルタイマー
  • お気に入り
  • Strava Live Segments

 

ダイアリー

「ダイアリー」では、今週と前後の各4週間が表示できます。日付を選択すると、その日の全セッションと各セッションのトレーニングサマリー、行ったテストを確認します。また、計画したトレーニングセッションも確認できます。

設定

「設定」には以下の項目があります。

  • スポーツプロファイル
  • 個人設定
  • 基本設定
  • 時計設定

詳細については、「設定」を参照してください。

テスト

「テスト」には以下の項目があります。

起立試験

フィットネステスト

詳細については、「機能」をご確認ください。

インターバルタイマー

インタバールトレーニングで運動と回復の時間を把握するため、時間か距離に基づいたタイマーを設定します。

詳細については、「トレーニングセッションの開始」をご確認ください。

お気に入り

「お気に入り」で、Flowウェブサービスでお気に入りとして保存したトレーニング目標を確認できます。

詳細については、「お気に入り」をご確認ください。