現在のページ: スタート方法 > 対応するセンサー > Polarスピードセンサー Bluetooth®Smart

Polarスピードセンサー Bluetooth®Smart

サイクリング速度に影響を与える要因はいくつもあります。当然、体力はその1つですが、気候条件や道路の勾配の変化もまた大きな要因です。パフォーマンス速度に影響を与えるこれらのファクターを測定するための最も高度な方法は、空気力学スピードセンサーです。

  • 現在の速度、平均速度、最高速度を測定
  • 進捗とパフォーマンスの改善度を確認するため平均速度を記録
  • 軽量なのに頑丈で、装着が簡単

スピードセンサーとM460のペアリング

まず、スピードセンサーが正しく取り付けられていることを確認します。スピードセンサーの取り付けに関しては、スピードセンサーのユーザーマニュアルをご参照ください。

スピードセンサーとM460をペアリングする2つの方法:

  1. 基本設定 > ペアリングと同期 > 他のデバイスをペアリングに進み、スタートボタンを押します。
  2. M460がスピードセンサーを検索し始めます。ホイールを数回回して、センサーを有効にします。センサーがオンになると、センサーの赤色のライトが点滅します。
  3. スピードセンサーが見つかると、「Polar SPD xxxxxxxx」と表示されます。
  4. スタートボタンを押すと、「ペアリング」と表示されます。
  5. ペアリングが完了すると、「ペアリング完了」と表示されます。
  6. 「センサーのリンク先:」と表示されます。「バイク1」「バイク2」、または「バイク3」を選択します。スタートボタンで決定します。
  7. 「ホイールサイズを設定」と表示されます。サイズを設定し、スタートボタンを押します。

    ペアリングする最初のサイクリングセンサーは、自動的に「バイク1」にリンクされます。

または

  1. 時刻表示画面でスタートボタンを押して、プレトレーニングモードに入ります。
  2. M460がスピードセンサーを検索し始めます。ホイールを数回回して、センサーを有効にします。センサーがオンになると、センサーの赤色のライトが点滅します。
  3. 対象のデバイスID、「Polar SPD xxxxxxxxをペアリング」が表示されます。「はい」を選択します。
  4. ペアリングが完了すると、「ペアリング完了」と表示されます。
  5. 「センサーのリンク先:」と表示されます。「バイク1」「バイク2」、または「バイク3」を選択します。スタートボタンで決定します。
  6. 「ホイールサイズを設定」と表示されます。サイズを設定し、スタートボタンを押します。

ホイールサイズの測定

ホイールサイズの設定は、正しいサイクルデータの測定に必須です。バイクのホイールサイズの確認には、2つの方法があります。

方法1

ホイール上に印刷してあるETRTO、またはインチ表記の直径を確認します。下記の表で、ミリ単位の数値を確認します。

ETRTO ホイールサイズ直径(インチ) ホイールサイズの設定(mm)
25~559 26x1.0 1884
23~571 650x23C 1909
35~559 26x1.50 1947
37~622 700x35C 1958
52~559 26x1.95 2022
20~622 700x20C 2051
52~559 26x2.0 2054
23~622 700x23C 2070
25~622 700x25C 2080
28~622 700x28 2101
32~622 700x32C 2126
42~622 700x40C 2189
47~622 700x47C 2220

ホイールサイズはホイールタイプと空気圧の影響を受けるため、この表のホイールサイズは参考値です。

方法2

  • 最も正確な結果を得るため、ホイールを実際に計測します。
  • 地面に接触する位置にバルブを移動し、目印にします。地面に線を引き、印を付けます。平らな地面上でバイクを前進させ、完全に1回転させます。タイヤが地面に対して垂直になるよう注意します。一回転したら、またバルブの位置の地面に別の線を引きます。この2本の線の間の距離を測定します。
  • バイクの重量を考慮して、結果から4mmを差し引いた数値がホイールの外周になります。