現在のページ: 機能 > スマートコーチング > 手首での心拍計測によるフィットネステスト

手首での心拍計測によるフィットネステスト

手首での心拍計測によるPolarフィットネステストは、安静時の有酸素運動(心血管)能力を短時間で測定する、容易で安全な方法です。結果であるPolar OwnIndexは、エアロビクスフィットネスを評価するために一般的に使用されている最大酸素摂取量(VO2max)に相当します。長期的なトレーニング状況、心拍数、安静時の心拍変動、性別、年齢、身長、体重のすべてがOwnIndexに影響します。Polarフィットネステストは、健康な成人による利用目的で開発されています。

エアロビクスフィットネスレベルは、心血管系システムが、体内で酸素をどれだけ効率的に運搬しているかがキーとなります。エアロビクスフィットネスのレベルが高いほど、心臓が強く、効率的に働いていると言えます。良好なエアロビクスフィットネスには、健康の効果がたくさんあります。例えば、これは高血圧のリスクと心血管疾患や脳卒中のリスクを減らすのに役立ちます。エアロビクスフィットネスの改善を目指す場合、OwnIndexに顕著な変化が生じるまで、平均6週間の定期的なトレーニングが必要となります。エアロビクスフィットネスの低い人は、より早く進歩が見られます。元々のエアロビクスフィットネスが高ければ高いほど、OwnIndexの改善は小さくなります。

エアロビクスフィットネスは、多くの筋肉を使うトレーニングで向上させるのが、ベストな方法です。このようなアクティビティには、ランニング、サイクリング、ウォーキング、ボート、水泳、スケート、クロスカントリースキーが含まれます。進捗を監視するには、最初の2週間のうちにOwnIndexを2、3回測定してベースライン値を決定し、その後、月に1回程度テストを繰り返します。

テスト結果が信頼できるものであることを保証するために、以下の基本要件を適用してください:

  • テスト環境が穏やかであれば、家の中、オフィスの中、ヘルスクラブの中など、どこでもテストを実施できます。邪魔なノイズ(例:テレビ、ラジオ、電話)がなく、他の人があなたに話しかけないようにしてください。
  • 常に同じ環境で同じ時間にテストを実施してください。
  • テストの2~3時間前に、食べ過ぎたり、喫煙したりしないでください。
  • テストの当日および前日は、激しい運動、アルコールの摂取、および医薬用興奮剤の使用を避けてください。
  • リラックスした状態で、テストに臨んでください。テストを開始する前に、1~3分間、横になりリラックスしてください。

テスト前

テストを開始する前、トレーニング状況を含むあなたの身体的設定が正確であることを、 「設定 > 個人設定」 へ移動して確認します。

手首の上にぴったりと腕時計を装着します。手首の骨の上、指1本分以上の幅を持たせてください。腕時計の後面の心拍センサーが、常に皮膚と接触している必要があります。

テストの実施

腕時計の「フィットネステスト」 > 「リラックスしてテスト開始」を選択します。腕時計が心拍シグナルを検知し始めます。

心拍シグナルが見つかると、「横になる」 の表示が出ます。身体の動きを最小限にし、会話を止め、リラックスします。

BACK(左下)ボタンボタン を押せば、どのフェーズでもテストを中断できます。「テストが取り消されました」 と表示されます。

腕時計が、心拍シグナルを受信できない場合は、 「テストに失敗しました」 と表示されます。その場合、腕時計の背面にある心拍センサーがきちんと肌に触れているか確認してください。手首での心拍計測の場合における腕時計の装着方法については、 「手首での心拍計測」 をご確認ください。

テスト結果

テストが終了すると、腕時計はバイブレーションで通知し、概算のVO2max とフィットネステスト結果の説明を表示します。

「VO2max を個人設定に更新しますか?」 と表示されます。

  • OKボタンを押して、値を 個人設定 に保存します。
  • 最近測定したVO2max 値を知っており、それが結果から1フィットネスレベルクラス以上異なる場合は、BACK(左下)ボタンを押して、キャンセルしてください。

最新のテスト結果は、 「テスト > フィットネステスト > 最新の結果」 に表示されます。一番最近実施したテスト結果のみが表示されます。

フィットネステスト結果の視覚的な分析結果は、Flowウェブサービスを開き、ダイアリーから「テスト」を選択し、詳細を確認してください。

スマートフォンがBluetooth接続の範囲内にある場合、テスト終了後、腕時計はPolar Flowアプリと自動で同期します。

フィットネスレベルクラス

男性

年齢 / 年 とても低い 低い 普通 良い とても良い 最高
20-24 < 32 32-37 38-43 44-50 51-56 57-62 > 62
25-29 < 31 31-35 36-42 43-48 49-53 54-59 > 59
30-34 < 29 29-34 35-40 41-45 46-51 52-56 > 56
35-39 < 28 28-32 33-38 39-43 44-48 49-54 > 54
40-44 < 26 26-31 32-35 36-41 42-46 47-51 > 51
45-49 < 25 25-29 30-34 35-39 40-43 44-48 > 48
50-54 < 24 24-27 28-32 33-36 37-41 42-46 > 46
55-59 < 22 22-26 27-30 31-34 35-39 40-43 > 43
60-65 < 21 21-24 25-28 29-32 33-36 37-40 > 40

女性

年齢 / 年 とても低い 低い 普通 良い とても良い 最高
20-24 < 27 27-31 32-36 37-41 42-46 47-51 > 51
25-29 < 26 26-30 31-35 36-40 41-44 45-49 > 49
30-34 < 25 25-29 30-33 34-37 38-42 43-46 > 46
35-39 < 24 24-27 28-31 32-35 36-40 41-44 > 44
40-44 < 22 22-25 26-29 30-33 34-37 38-41 > 41
45-49 < 21 21-23 24-27 28-31 32-35 36-38 > 38
50-54 < 19 19-22 23-25 26-29 30-32 33-36 > 36
55-59 < 18 18-20 21-23 24-27 28-30 31-33 > 33
60-65 < 16 16-18 19-21 22-24 25-27 28-30 > 30

分類は米国、カナダ、欧州7か国で健康な大人の被験者からVO2maxを直接測定した62の調査の文献のレビューに基づいています。参考文献:Shvartz E、Reibold RC。『6歳~75歳の男性および女性の有酸素運動能力の基準:レビュー。』「Aviat Space Environ Med」誌、61:3-11, 1990。

VO2max

細胞組織への酸素供給能は、心肺機能によるものであるため、最大酸素摂取量(VO2max)と心肺機能の健康度には明確な相関性があります。VO2max(最大酸素摂取量、最大有酸素パワー)は、最大限の運動の際、身体が利用できる酸素の最大量です。これは心臓が筋肉に対して血液を供給できる最大能力に直接関係しています。VO2maxは、フィットネステストにより測定または推測できます(例:最大運動テスト、最大下運動テスト、Polarフィットネステストなど)。VO2maxは、心肺機能の有効な指標であり、ランニング、サイクリング、クロスカントリースキー、水泳などの耐久性スポーツにおけるパフォーマンス能力のよい予測ファクターです。

VO2max は、1分当たりのミリリットル(ml/min = ml・min-1)、または体重(Kg単位)あたり(ml/kg/min = ml・kg-1・min-1)で表されます。