現在のページ: トレーニング > トレーニング中

トレーニング中

トレーニングビューの表示項目を変更する

トレーニング中、右上/右下ボタンでトレーニングビューを変更できます。利用可能なトレーニングビューとトレーニングビューで表示される情報は、選択したスポーツと選択したスポーツプロファイルの編集により異なります。

Polar FlowアプリとPolar Flowウェブサービスでスポーツプロフィールを腕時計に追加し、各スポーツプロファイルの設定を定義することができます。スポーツごとにカスタマイズされたトレーニングビューを作成し、トレーニング セッション中にどのデータをフォローしたいかを選ぶことができます。詳細については、「Flowのスポーツプロファイル」でご確認ください。

例えば、トレーニングビューに次の情報を含めることができます:

心拍数と心拍数ZonePointer

距離

トレーニング時間

ペース/速度

心拍数と心拍数ZonePointer

トレーニング時間

消費カロリー

下降

現在の高度

上昇

最大心拍数

心拍数グラフと現在の心拍数

平均心拍数

最大パワー

パワーグラフと現在のパワー

平均パワー

時刻

トレーニング時間

タイマーをセット

トレーニング中のタイマー使用を開始する前に、トレーニングビューにタイマーを追加する必要があります。クイックメニューから現在進行中のトレーニング セッションのタイマービューを設定するか、Flow ウェブサービス スポーツプロファイルの、スポーツプロファイル トレーニングビュー画面でタイマーを追加し、あなたのウォッチに設定を同期させて下さい。

詳細については、Flowのスポーツプロファイルでご確認ください。

 

インターバル タイマー

クイックメニューから、トレーニング セッションのタイマービューをオンに設定した場合は、トレーニング セッション開始と同時にタイマーも開始します。タイマーの停止方法、新規のタイマーの開始方法をご説明します。

使用中のスポーツプロファイルのトレーニングビューにタイマーを追加した場合は、タイマーを次のように開始します:

  1. インターバル タイマーを表示させ、OKボタンを長押しします。以前設定したタイマーを使用する場合は 開始を選択、新しいタイマーを作成する場合は、インターバル タイマーをセットを選択します:
  2. 基準:タイマー または 基準:距離のどちらかを選択します。基準:タイマータイマーの分と秒を設定し、OKボタンを押します。基準:距離タイマーの距離を設定し、OKボタンを押します。
  3. 他のタイマーをセットしますか と表示されます。他のタイマーをセットする場合は、OKボタンを押します。
  4. 完了後、開始を選択し、インターバル タイマーを開始します。各インターバルの終わりに、腕時計が振動します。

タイマーを終了するには、OKボタンを長押しし、ストップタイマーを選択します。

カウントダウン タイマー

クイックメニューから、トレーニング セッションのタイマービューをオンに設定した場合は、トレーニング セッション開始と同時にタイマーも開始します。タイマーの停止方法、新規のタイマーの開始方法をご説明します。

使用中のスポーツプロファイルのトレーニングビューにタイマーを追加した場合は、タイマーを次のように開始します:

  1. カウントダウン タイマーを表示させ、OKボタンを長押しします。
  2. 以前設定したタイマーを使用する場合は 開始 を選択するか、カウントダウン タイマーをセットで新しいカウントダウン時間を設定します。完了後、開始を選択し、カウントダウン タイマーを開始します。
  3. カウントダウンの終わりに、腕時計が振動します。カウントダウン タイマーを再スタートするには、OKボタンを長押しし、開始を選択します。

タイマーを終了するには、OKボタンを長押しし、ストップタイマーを選択します。

心拍数、スピード、パワーゾーンのロック

ZoneLock機能を使うと、心拍数、スピード/ペースまたはパワーに基づいて現在のゾーンにロックでき、腕時計を確認することなく選択したゾーン内でのトレーニングができます。トレーニング中にロックしたゾーンから外れた場合は、腕時計がバイブレーションで通知します。

スピード/ペース、またはパワーゾーンをロックするためにZoneLock を使用する場合は、フルスクリーン仕様のスピード/ペースグラフ または パワーグラフ のトレーニングビューを、ZoneLockを使いたいスポーツプロファイルに追加する必要があります。これはFlow のスポーツプロファイルで設定できます。

心拍ゾーンのロック

今使用中の心拍ゾーンをロックする場合は、心拍数表示画面でOKを長押しします。

ゾーンのロックを解除するには、再度OKボタンを長押しします。

スピード/ペースゾーンのロック

現在のスピード/ペースゾーンをロックするには、フルスクリーンの スピード/ペースグラフ表示でOKを長押しします。

ゾーンのロックを解除するには、再度OKボタンを長押しします。

パワーゾーンのロック

現在のパワーゾーンをロックするには、フルスクリーンの パワーグラフ表示でOKを長押しします。

ゾーンのロックを解除するには、再度OKボタンを長押しします。

ラップを取る

OK(右中央)ボタンを押してラップを取ります。ラップは、自動的に記録することもできます。Polar FlowアプリまたはPolar Flowウェブサービススポーツプロファイル設定で、「Automatic lap(オートラップ)」「Lap distance(ラップ距離)」または「Lap duration(ラップタイム)」に設定します。「ラップ距離」を選択すると、ラップを計測する距離が設定できます。「ラップタイム」を選択した場合、ラップ計測を行うタイムを設定します。

マルチスポーツセッション中にスポーツを切り替える

BACK(左下)ボタンを押して、切り替えるスポーツを選択します。OK(右中央)ボタンを選択して、確認します。

目標のあるトレーニング

Polar FlowアプリまたはPolar Flowウェブサービスで、時間、距離またはカロリー基づいてクイックトレーニング目標を作成し、それを腕時計に同期させた場合、デフォルトの最初のトレーニングビューとして、次のトレーニング目標ビューを利用できます:

時間または距離に基づいて目標を作成した場合、達成するまでに残っている目標の量を確認できます。

または

カロリーに基づいて目標を作成した場合、目標のカロリーがどれだけ残っているかを確認できます。

Polar FlowアプリまたはPolar Flowウェブサービスで、フェーズトレーニング目標を作成し、その目標を腕時計に同期させた場合、デフォルトの最初のトレーニングビューとして、次のトレーニング目標ビューを利用できます:

  • 選択された強度に応じて、現在のフェーズの心拍数またはスピード/ペース、および心拍数の下限および上限、またはスピード/ペース限界のいずれかを見ることができます。
  • フェーズ名とフェーズ番号/フェーズの総数
  • 現在までの所要時間/距離
  • 現在のフェーズの目標時間/距離

トレーニング目標の作成に関する手順については、「トレーニングの計画」を参照してください。

フェーズセッション中のフェーズの切り替え

1つのフェーズが終了すると自動的に次のフェーズに移行します。フェーズが変化するとき、腕時計が振動することにより通知します。

トレーニング目標情報を表示する

トレーニング中にトレーニング目標情報を表示するには、トレーニング目標ビューで、OK(右中央)ボタンを押し続けます。

通知

計画されている心拍ゾーンまたはスピード/ペースゾーンの外でトレーニングを行っている場合、腕時計が振動で通知します。