現在のページ: 機能 > スマートコーチング > トレーニング負荷

トレーニング負荷

Polar Flowウェブサービスの「ダイアリー」のトレーニング負荷機能では、トレーニングセッションの負荷がどの程度だったか、そして回復するまで必要な時間を表示する便利な機能です。これにより次のセッションを開始する前に十分に回復したかが分かり、休憩とトレーニングの理想的なバランスを把握するのに役立ちます。Polar Flowウェブサービスでは、合計負荷を確認、トレーニングを最適化し、さらにパフォーマンスの進捗を把握できます。

トレーニング負荷は、トレーニング中の心拍数やトレーニング時間に加え、性別や年齢、身長や体重といった個人的な要因など、トレーニング付加と回復時間に影響する様々な要因を考慮します。トレーニング量と回復状態を継続的にモニタリングすることで、自分の限界値を把握し、オーバートレーニングやアンダートレーニングを防ぎ、一日および一週間の目標に合わせてトレーニング強度と時間を調整するのに役立ちます。

トレーニング負荷機能は、負荷の合計を把握し、トレーニングを最適化し、またパフォーマンスの進捗を把握するのに役立ちます。この機能では異なる種類のトレーニングセッションを相互に比較できるため、休憩とトレーニングの最適なバランスを把握するのに役立ちます。