Menu

音楽コントロール

スマートフォンで再生中の音楽とメディアを腕時計上から調整することができます。この操作は、トレーニング中、または静止中も時刻表示画面から実行できます。音楽コントロール機能は、iOS、Android搭載スマートフォンで利用できます。音楽コントロール 機能を使うには、あなたのスマートフォン上でFlowアプリが有効になっていること、また、腕時計がそのスマートフォンとペアリング済みであることが条件となります。Flowアプリ経由で腕時計とスマートフォンのペアリングが完了すると、音楽コントロール機能の設定が表示されます。Flowアプリ経由で腕時計の設定をすでに行った場合は、あなたの腕時計はすでにスマートフォンとペアリング済みということになります。

Vantage V2の音楽コントロール機能

トレーニング表示画面、時刻表示画面の両方から音楽の調整が可能です。設定 > 基本設定 > 音楽コントロールから音楽の調整を実行します。セッション中はトレーニング表示から、また腕時計の表示画面を使ってトレーニングをしていない時は文字盤から、音楽コントロール機能にアクセスします。

時計の表示画面から

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンまたはDOWN(右下)ボタンを使って、音楽コントロール表示画面に移動します。 OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。

  • UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

トレーニング中

トレーニング表示画面から音楽コントロール機能にアクセスしたい時は、トレーニング セッション開始後プレーヤーがONの状態の場合、トレーニングビューで音楽を調整できる設定が有効になります。

  • UP(右上)ボタンを押し、トレーニング セッション中音楽コントロール可能なトレーニングビュー画面を選択します。
  • OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

Grit X/Grit X Proの音楽コントロール機能

トレーニング表示画面、時刻表示画面の両方から音楽の調整が可能です。設定 > 基本設定 > 音楽コントロールから音楽の調整を実行します。セッション中はトレーニング表示から、また腕時計の表示画面を使ってトレーニングをしていない時は文字盤から、音楽コントロール機能にアクセスします。

時計の表示画面から

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンまたはDOWN(右下)ボタンを使って、音楽コントロール表示画面に移動します。 OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。

  • UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

トレーニング中

トレーニング表示画面から音楽コントロール機能にアクセスしたい時は、トレーニング セッション開始後プレーヤーがONの状態の場合、トレーニングビューで音楽を調整できる設定が有効になります。

  • UP(右上)ボタンを押し、トレーニング セッション中音楽コントロール可能なトレーニングビュー画面を選択します。
  • OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

Pacer/Pacer Proの音楽コントロール機能

トレーニング表示画面、時刻表示画面の両方から音楽の調整が可能です。設定 > 基本設定 > 音楽コントロールから音楽の調整を実行します。セッション中はトレーニング表示から、また腕時計の表示画面を使ってトレーニングをしていない時は文字盤から、音楽コントロール機能にアクセスします。

時計の表示画面から

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンまたはDOWN(右下)ボタンを使って、音楽コントロール表示画面に移動します。 OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。

  • UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

トレーニング中

トレーニング表示画面から音楽コントロール機能にアクセスしたい時は、トレーニング セッション開始後プレーヤーがONの状態の場合、トレーニングビューで音楽を調整できる設定が有効になります。

  • UP(右上)ボタンを押し、トレーニング セッション中音楽コントロール可能なトレーニングビュー画面を選択します。
  • OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

Vantage M2の音楽コントロール機能

トレーニング表示画面、時刻表示画面の両方から音楽の調整が可能です。設定 > 基本設定 > 音楽コントロールから音楽の調整を実行します。セッション中はトレーニング表示から、また腕時計の表示画面を使ってトレーニングをしていない時は文字盤から、音楽コントロール機能にアクセスします。

時計の表示画面から

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンまたはDOWN(右下)ボタンを使って、音楽コントロール表示画面に移動します。 OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。

  • UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

トレーニング中

トレーニング表示画面から音楽コントロール機能にアクセスしたい時は、トレーニング セッション開始後プレーヤーがONの状態の場合、トレーニングビューで音楽を調整できる設定が有効になります。

  • UP(右上)ボタンを押し、トレーニング セッション中音楽コントロール可能なトレーニングビュー画面を選択します。
  • OKボタンを押すと、前へ/次へ、一時停止/再生ボタンが表示されます。UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って前の曲、次の曲に切り替えます。一時停止したい時はOKボタンを押します。
  • LIGHT(左上)ボタンをタップして音量を調整します。

Ignite 2の音楽コントロール機能

トレーニング表示画面、または時刻表示画面の両方から音楽の調整が可能です。設定 > 基本設定 > 音楽コントロールから音楽の調整を実行します。 トレーニングセッション中はトレーニング表示から、また腕時計の表示画面を使ってトレーニングをしていない時は文字盤から、音楽コントロール機能にアクセスします。

音楽コントロール表示画面

  • 左または右にスワイプして、音楽コントロール表示画面を選択します。
  • 表示画面をタップして、音楽コントロールにアクセスします

  • 一時停止/再生、または曲順の選択ができます。
  • タップして音量を調整します。

トレーニング中

  • 左または右にスワイプして、トレーニング セッション中音楽コントロール可能なトレーニングビュー画面を選択します。

Ignite 3の音楽コントロール機能

トレーニング表示画面、または時刻表示画面の両方から音楽の調整が可能です。設定 > 基本設定 > 音楽コントロールから音楽の調整を実行します。 トレーニングセッション中はトレーニング表示から、また腕時計の表示画面を使ってトレーニングをしていない時は文字盤から、音楽コントロール機能にアクセスします。

  • トレーニング中は、左右にスワイプして音楽コントロールのトレーニングビューを出します。トレーニング セッション開始後プレーヤーがオン状態の場合、トレーニングビューの音楽コントロールは有効になります。
  • トレーニングしていない時は、文字盤から左右にスワイプして音楽コントロール表示に移動します。
  • 音量コントロールで音量を調整します。
  • 一時停止/再生、または曲順の選択ができます。

お役立ちヒント

  • 腕時計では、スマートフォンで再生中の音楽をリモートでコントロールすることはできますが、音楽データそのものを保存することはできません。
  • 音楽コントロール機能を使用するには、腕時計をFlowアプリをインストールしたデバイスと予めペアリングしておく必要があります。ペアリング後、音源が何であれ(スマートフォン本チア、ワイヤレスヘッドフォン、ホームオーディオなど)、スマートフォン上の音楽のメインコントロールは腕時計上で行います。コントロールすることが可能になります。腕時計はスマートフォンを介して音楽コントロールを行いますが、音源デバイスに直接アクセスする機能はありません。
  • 音楽コントロール機能はiOSおよびAndroidスマートフォンでお使いいただけます。直接ヘッドフォン経由では使用できません。腕時計はモバイルデバイスとFlowアプリとの接続が可能です。したがって音楽コントロール機能はこれらを媒体とした場合にのみ作動します。一般的な音楽コントロールAPI対応のアプリを搭載したモバイルデバイスを通して音楽を再生する場合、腕時計からのコントロールは可能です。腕時計は音楽プレイヤーに直接接続できません。スマートフォンを介した場合のみコントロールすることができます。
  • いくつかのメディアアプリは、一般的な動作をサポートしていない場合があります。例えば再生・一時停止はできるのに、前に戻る・次に進む等のコマンドが使えないケースなどです。
  • 一般的なメディアコントロールをまったくサポートしていないメディアアプリもみられます。これらのアプリは、メディアコントロール画面には表示されません。

トラブルシューティング

音楽コントロール機能がうまく作動しない場合は、以下の手順をお試しください。以下を確認します:

  • スマートフォンにPolar Flowアプリをインストール済みですか?腕時計とスマートフォンをPolar Flowアプリからペアリング済みですか?Polar Flowアプリ経由で腕時計とスマートフォンのペアリングが完了すると、音楽コントロール機能の設定が表示されます。Flowアプリ経由で腕時計の設定をすでに行った場合は、あなたの腕時計はすでにスマートフォンとペアリング済みということになります。ペアリングが機能していない場合は、腕時計上に音楽コントロールのコマンドは表示されません。
  • 音楽コントロールの設定:腕時計上で、 設定 > 基本設定 > 音楽コントロールに進みます。設定が表示されることを確認して下さい。通知および/またはトレーニング表示にも音楽コントロールが設定されていることを確認してください。
  • Androidデバイスをお使いの場合は、Polar Flowアプリに許可の必要な項目を設定 > 通知アクセスから有効にしているか確認してください。
  • モバイルデバイス上でBluetoothが有効になっていることを確認してください。
  • 腕時計でフライトモードがオンになっていないことを設定 > 基本設定 > フライトモードから確認してください。
  • モバイルデバイスが腕時計のBluetooth範囲内にあることを確認してください。モバイルデバイスのBluetooth設定に進み、腕時計が接続済みであることを確認してください。
  • Polar Flowアプリと腕時計との間の同期が機能していることを確認してください。

Androidデバイスの省電力モードなどの設定が、音楽コントロール機能にも影響を及ぼします。Polar BeatおよびPolar Flow Androidアプリの省電力機能を無効にする方法をご参照ください。

スマートフォン上に複数の有効なメディアプレイヤーがある場合は、オペレーティングシステムがどのプレイヤーをコントロールすべきなのか直ちに認識できない場合があります。腕時計上で再生を押しても作動しない場合は、スマートフォン上でプレイヤーを起動させてください。その後は通常通り腕時計上でコントロールができるはずです。

 

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.