Polar Flowアプリの設定

Polar FlowアプリのVerity Senseの設定を編集する前に、センサーとアプリをペアリングして下さい。詳しくはペアリングをご参照ください。

Flowアプリでデバイス に進み、複数のPolarデバイスを持っている場合は、ここでPolar Verity Senseを選択します。

Polar Flowアプリと接続するためにセンサーをオンにして、設定画面を表示させます。

以下の設定を編集できます:

プールの長さのデフォルト設定:スイミング中の距離とペースを算出するベースとなる、プールの長さのデフォルト値を設定します。注:必要であればスイミングセッション後に、Flowアプリのトレーニング分析画面から、プールの長さを変更することができます。スイミングメトリクスもその変更内容に従い更新されます。

可視性:可視性を選択し、使用中のセンサーを、互換性のある他のデバイスが探知できるよう設定します。

ANT+:ANT+心拍シグナルを「オン」または「オフ」に切り替えます。

2x受信用BLEデバイス: 例えばPolarウォッチとジム器具など、お使いのセンサーが、ライブ心拍数データを2台の受信用 BLEデバイスに同時に送信できるよう、ここで設定します。