Polar Vantage M2 ユーザーマニュアル: 機能 > Vantage M2 ユーザーマニュアル | 互換性のあるセンサー

互換性のあるセンサー

互換性のあるBluetooth®センサーを使用して、トレーニングをさらに効果的なものにし、自分のパフォーマンスに関する理解をさらに深めましょう。多くのPolarセンサーに加えて腕時計は、いくつものサードパーティ製センサーに対応しています。

互換性のあるPolarセンサーおよびアクセサリのリストを表示する

互換性のあるサードパーティー製サイクリングセンサー / ランニングセンサーを表示

新しいセンサーを使用する前に、センサーを腕時計とペアリングする必要があります。数秒でペアリングは完了します。腕時計がセンサーからのみシグナルを受信するよう設定することで、グループトレーニングもスムーズに運びます。イベントや競技に参加する前に、自宅でペアリングを済ませておきましょう。外出先ではデータ転送の際にシグナル干渉が入り、スムーズに実行できない可能性があるからです。手順については、「センサーと腕時計をペアリングする」を参照してください。

Polar H10心拍センサー

チェストストラップ付きPolar H10心拍センサーを使用して、心拍数を最大精度で監視します。

Polar Precision Prime は最も精度の高い光学式心拍数計測技術を搭載しており、どのような環境でもその性能は確かだと考えられますが、手首上でセンサーを固定することが難しい場合、またはセンサーの近くの筋肉または腱を動かすことの多いスポーツの場合には、Polar 10心拍センサーが、心拍数を正確に計測するベストなツールだといえるでしょう。Polar H10心拍センサーは、心拍数の急激な上昇または下降に反応しますので、クイックスプリントを伴うインターバルタイプのトレーニングのための理想的な選択肢です。

Polar H10心拍センサーには内蔵メモリがあり、トレーニングデバイスに接続していない、またはモバイルトレーニングアプリが近くにない場合でも1回分のトレーニングセッションを記録できます。やり方は簡単。H10 心拍センサーをPolar Beatアプリとペアリングし、アプリを使ってトレーニング セッションを実行するだけです。この方法なら、スイミングトレーニング中でもPolar H10 心拍センサーで心拍数データを記録するなど、使い方が広がります。詳細は、Polar BeatPolar H10心拍センサーのサポートページをご確認ください。

サイクリングセッション中にPolar H10心拍センサーを使用するときは、自転車のハンドルバーに腕時計を取り付けて、ライディング中のトレーニングデータを簡単に表示できます。

Polar Verity Sense

Polar Verity Senseは、腕またはこめかみに当てて測定を行う、汎用性とクオリティの高い光学式心拍センサーです。Polar Verity Senseは、チェストストラップ式心拍センサーや、手首型心拍計測デバイスの代わりに使用することができます。製品付属のアームバンドかスイミングゴーグル ストラップクリップによる着用、もしくは皮膚に密着させて装着できる場所ならどこでも測定できます。Polar Verity Senseは数多くのスポーツに対応。また、自由な動きを妨げないデザインとなっています。Polar Verity Senseの特徴的な機能は、心拍数、距離、ペースの測定機能です。また、スイミングプールでは水中のターンも記録できます。センサーの内蔵メモリーにトレーニングデータを記録し、後からデータをスマートフォンに転送したり、腕時計をセンサーに接続して、トレーニング中の心拍数をリアルタイムで確認することもできます。

PolarストライドセンサーBluetooth® Smart

ストライドセンサーBluetooth® Smartは、ランニング技術とパフォーマンスを向上させたいランナーに最適です。トレッドミルでも、また泥まみれの道のランニングでも、速度と距離が把握できます。

  • 一歩一歩のストライドから、ランニングの速度と距離を測定
  • ランニングケイデンスとストライド幅を表示することで、ランニング技術の向上をサポート
  • 小型センサーで、シューズにぴったりフィット
  • 最も過酷なランニングにも耐える、耐衝撃および防水仕様

PolarスピードセンサーBluetooth® Smart

あなたのサイクルスピードに影響を与える要因はいくつもあります。当然、体力はその1つですが、気候条件や道路の傾斜の違いも大きな要因になります。あなたのスピードパフォーマンスに影響を与えるこれらの要因を測定するための最も高度な方法は、空気力学速度センサーです。

  • リアルタイム、平均、最大の速度を測定
  • 平均速度を記録し、進捗とパフォーマンスの改善を確認
  • 軽量で堅牢、簡単に装着可能

PolarケイデンスセンサーBluetooth® Smart

サイクリングセッションを測定する最も実用的な方法は、最先端のワイヤレスケイデンスセンサーです。センサーがリアルタイム、平均、最大のケイデンスを1分間の回転数で測定し、過去のライドとの比較が簡単にできます。

  • 最適なケイデンスを確認し、サイクリング技術を改善しましょう。
  • 干渉防止のケイデンスデータで、あなたのパフォーマンスを評価
  • 空気抵抗が少なく、軽量設計

第三者メーカー製パワーセンサー

腕時計を別のランニングパワーセンサーサイクリングパワーセンサーとペアリングすると、ランニングまたはサイクリングセッション中のパワーデータを測定することができます。Flowウェブサービスのスポーツプロファイル設定から、トレーニングビューをカスタマイズすることにより、セッション中に表示するパワーデータを選択できます。Training Load Pro機能は、パワーデータを使用して、筋肉への負荷を計算します。したがって、個別のランニングまたはサイクリングパワーセンサーを使用している場合、ランニングまたはサイクリングセッションに対する筋肉への負荷値を取得できます。

ランニングパワー

ランニングパワーは、ランニングの外部負荷を測定するための優れたツールです。心拍数よりも高速に反応しますので、上り坂でのランニングおよびインターバルセッションに対する負荷の測定に最適です。また、これを使用して、様々な地形をランニングするときに安定した努力レベルを維持できます。ランニングパワーは、心拍数測定を補足します:両方を測定することにより、ランニングパフォーマンスの変化を検出できます。数週間トレーニングを重ねると、低い心拍数で同じランニングパワーを達成できるようになります。この結果から、ランニングパフォーマンスが向上したことが確認できます。

こちらの詳細なガイドで、ランニングパワーの詳細を確認できます。

サイクリングパワー

サイクリングパワーを測定することにより、サイクリングパフォーマンスとペダリングテクニックを監視・向上させることができます。心拍数とは異なり、パワー出力は、努力の絶対値かつ目標値です。つまり、非常に信頼性の高い結果より、パワー値を同じ性別でほぼ同じ体型のサイクリング仲間と比較したり、キログラム当たりのワット数を比較したりすることができます。また、心拍数にパワーゾーンがどう呼応しているかを確認することより、さらに状況の理解を深めることができます。