Polar Vantage M2 ユーザーマニュアル: 機能 > Smart Coaching > Training Load Pro

Training Load Pro

新しいTraining Load Pro™ 機能は、トレーニング セッションが身体に負担をかけ、パフォーマンスにどのような影響を与えるかを理解するのに役立ちます。Training Load Proは、心臓血管計に対するトレーニング負荷レベル(カーディオ負荷)を提供し、あなたが感じる強度(自覚的な運動負荷)を考慮に入れます。個別のランニングまたはサイクリングパワーセンサーを腕時計と共に使用している場合、Training Load Proは、筋骨格系のトレーニング負荷レベル(筋肉への負荷)も提供します。各身体系がどれほど疲労しているかを認識しているときは、適切なシステムを適切なタイミングで実行してトレーニングを最適化することができます。

カーディオ負荷

カーディオ負荷は、トレーニング負荷を定量化するために一般に認められ、科学的に実績のある方法であるトレーニングインパルス計算(TRIMP)に基づいています。カーディオ負荷値は、トレーニング セッションが心血管系にどの程度の負担をかけるかを示します。カーディオ負荷が高ければ高いほど、心血管系のトレーニング セッションはより激しくなります。カーディオ負荷は、心拍数データおよびトレーニング セッション継続時間から各トレーニングの後に計算されます。

自覚的な運動負荷

あなたの主観的感情は、すべてのスポーツのトレーニング負荷を推定する便利な方法の1つです。自覚的な運動負荷は、トレーニング セッションの要求状況とセッションの継続時間に関する主観的な経験を考慮した値です。これは、主観的トレーニング負荷を定量化する科学的に認められた方法である「感情の評価」(RPE)により定量化されます。RPEスケールを使用することは、心拍数のみに基づいてトレーニング負荷を測定することには限界がある、例えば筋力トレーニングなどのスポーツに特に役立ちます。

セッションをFlowモバイルアプリで評価すると、トレーニング セッションに対する 自覚的な運動負荷情報を取得できます。1~10のスケールから選択できます。1は非常に簡単で、10は最大の労力です。

筋肉への負荷(サードパーティー製パワーセンサーによる)

筋肉への負荷は、トレーニング セッション中に筋肉がどれくらい疲労していたかを示します。筋肉への負荷は、ショートインターバル、スプリント、ヒルセッションなど、心拍数が強度の変化に反応するのに十分な時間がない高強度のトレーニング セッションでトレーニング負荷を定量化するのに役立ちます。

筋肉への負荷は、ランニングセッションまたはサイクリングセッション中に生成した機械エネルギー(kJ)の量を示します。これは、労力のために使用したエネルギー入力ではなく、エネルギー生産量を反映しています。一般的に、負荷が適している場合、エネルギー入力と出力の間の効率が良くなります。筋肉への負荷は、パワーと持続時間に基づいて計算されます。ランニングの場合は、あなたの体重も考慮されます。

筋肉への負荷は、パワーデータから計算されるので、ランニングトレーニングやサイクリングセッションに対する筋肉への負荷値を取得するのは、個別のランニングまたはサイクリングパワーセンサーを使用している場合のみです。

シングルセッションからのトレーニング負荷データ

シングルトセッションからのトレーニング負荷は、腕時計、Flowアプリ、およびFlowウェブサービスのトレーニング セッション概要に表示されます。

測定された負荷ごとにトレーニング負荷の絶対値が得られます。負荷が高くなればなるほど、体に疲れが生じます。さらに、トレーニング セッションのトレーニング負荷を90日間のトレーニング負荷平均と比較した場合の視覚的な弾丸スケール解釈および言葉による説明を見ることができます。

弾丸スケールと言葉による説明は、あなたの進歩に従って適応します。つまり、スマートにトレーニングすれば、より高い負荷を許容できるようになります。トレーニングのフィットネスと耐久力が向上するにつれて、数か月前に3つの弾丸(中程度)に評価されたトレーニング負荷は、後に2つの弾丸(低)に評価される可能性があります。このアダプティブスケールは、現時点での体の調子によって、同じ種類のトレーニング セッションであっても身体に与える影響がまちまちであることを示しています。

とても高い

高い

普通

低い

とても低い

負荷および耐久力

新しいTraining Load Pro機能は、個々のトレーニング セッションのカーディオ負荷に加えて、短期間のカーディオ負荷(負担)と長期間のカーディオ負荷(耐久力)を測定します。

負担は、トレーニングにより、どれだけ疲れているかを示します。過去7日間の1日の平均負荷を示します。

耐久力は、カーディオトレーニングにどれくらい耐える準備ができているかを説明します。過去28日間の1日の平均負荷を示します。カーディオトレーニングに対する耐久力を向上させるには、長期間にわたりトレーニングを徐々に増やす必要があります。

カーディオ負荷ステータス

カーディオ負荷ステータスは、負担耐久力の間の関係を調べ、それに基づいて、トレーニング不足、現状維持、効果的またはオーバートレーニングカーディオ負荷ステータスであるかどうかを示します。ステータスに基づいて個人的なフィードバックが得られます。

カーディオ負荷ステータスは、トレーニングがあなたの体に及ぼす影響とあなたの進歩にどのように影響するかを評価する際に役立ちます。過去のトレーニングが今日パフォーマンスにどのような影響を及ぼすかを知ることで、トレーニングの総量を制御し、トレーニングのタイミングをさまざまな強度で最適化することができます。トレーニング セッション後にトレーニングステータスがどのように変化するかを見ることで、トレーニング セッションによって発生した負荷の量を把握するのに役立ちます。

腕時計でのカーディオ負荷ステータス

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンおよびDOWN(右下)ボタンを使用して、カーディオ負荷ステータス画面表示に移動します。

  1. カーディオ負荷ステータスグラフ
  2. カーディオ負荷ステータス

    オーバートレーニング(通常よりもはるかに高い負荷): 

    効果的(負荷がゆっくりと増加する)

    現状維持(通常よりやや低い負荷)

    トレーニング不足(通常より低い負荷)

  3. カーディオ負荷ステータスの数値(=負担を耐久力で除算した値)。
  4. 負担
  5. 耐久力
  6. カーディオ負荷ステータスの言葉での説明

Polar Flowアプリとウェブサービスにおける長期的な分析

Polar Flowアプリとウェブサービスにおけるカーディオ負荷レポートでは、時間の経過とともにカーディオ負荷がどのように増強され、過去1週間または数か月にわたってカーディオ負荷がどのように変化したかを確認できます。Polar Flowアプリでカーディオ負荷の累積を表示するには、週間サマリー(カーディオ負荷ステータスモジュール)またはトレーニング概要(Training Load Proモジュール)の、縦に3つに並んだドットアイコンをタップします。

Flowウェブサービスにおいて、カーディオ負荷ステータスおよびカーディオ負荷の累積を表示するには、 進捗状況 > カーディオ負荷レポート に進みます。

赤色バーは、トレーニング セッションからのカーディオ負荷を示しています。バーが高くなればなるほど、あなたのカーディオシステムのトレーニング セッションはより困難になりました。

背景色は、5つの弾丸スケールや言葉の説明(かなり低い、低い、中程度、高い、とても高い)などのように、過去90日間のトレーニング セッション平均と比較して、トレーニング セッションがどれだけハードであったかを示します。

負担は、トレーニングにより、どれだけ疲れているかを示します。過去7日間の1日の平均カーディオ負荷を示します。

耐久力は、カーディオトレーニングにどれくらい耐える準備ができているかを説明します。過去28日間の1日の平均カーディオ負荷を示します。カーディオトレーニングに対する耐久力を向上させるには、長期間にわたりトレーニングを徐々に増やしてください。

こちらの詳細なガイドでPolar Training Load Proの詳細が確認できます。