Polar Vantage M2 ユーザーマニュアル: Polar Flow > Polar Flowのスポーツプロファイル

Polar Flowのスポーツプロファイル

腕時計のデフォルトには、14個のスポーツプロファイルがあります。Polar Flowアプリまたはウェブサービスで、新しいスポーツプロファイルをスポーツリストに追加したり、設定を編集したりできます。腕時計本体には、最大20種のスポーツプロファイルを保存できます。Polar Flowアプリやウェブサービスで20種以上のスポーツプロファイルを登録すると、リストのはじめの20種が同期中に腕時計に転送されます。

スポーツプロファイルの順序は、リスト上でドラッグ&ドロップにより変更できます。好きなスポーツを選択し、ドラッグしてリストの希望する場所に移します。

 

スポーツプロファイルの追加

Polar Flowモバイルアプリで:

  1. スポーツプロファイルに進む。
  2. 画面右上にあるプラス記号をタップします。
  3. リストからスポーツを選択します。Androidアプリ上の「終了」をタップします。そのスポーツがスポーツプロファイルリストに追加されます。

 

Polar Flowウェブサービスで:

  1. 画面右上の名前/プロフィール写真をクリックします。
  2. 「スポーツプロファイル」を選択します。
  3. 「スポーツプロファイルを追加」をクリックし、リストからスポーツを選択します。
  4. 選択したスポーツがあなたのスポーツリストに追加されます。

自身で新しいスポーツを作成することはできません。スポーツリストはPolarにより管理されています。これは、各スポーツがデフォルトの設定と数値を持っており、例えば、カロリー計算、トレーニング負荷、回復機能に影響するためです。

スポーツプロファイルの編集

Polar Flowモバイルアプリで:

  1. スポーツプロファイルに進みます。
  2. スポーツを選択し、「設定を変更」をタップします。
  3. 準備ができたら、「終了」をタップします。設定を腕時計に同期してください。

 

Flowウェブサービスで:

  1. 画面右上の名前/プロフィール写真をクリックします。
  2. 「スポーツプロファイル」を選択します。
  3. 編集したいスポーツの下に表示される編集ボタンをクリックします。

各スポーツプロファイルで、以下の設定を編集できます:

基本

  • オートラップ(時間または距離に基づいて設定可能)

心拍数

  • 心拍数ビュー(分ごとの心拍-bpm、または最大値の%)
  • 他のデバイスに表示される心拍数(例えばジム器具などの、Bluetooth Smartワイヤレス技術搭載の対応デバイスは、あなたの心拍数を検知します。Polar Club クラスの実行中に腕時計を使って、Polar Clubシステムに心拍数を反映させることもできます。)
  • 心拍ゾーンの設定(心拍ゾーンを利用することで、簡単にトレーニング強度を選択およびモニタリングすることができます。「デフォルト」を選択した場合、心拍ゾーンのリミットは変更できません。フリーを選択した場合、すべてのリミットを変更できます。デフォルトの心拍ゾーンのリミットは、最大心拍数から算出されます。)

スピード/ペース設定

  • スピード/ペース ビュー(スピード km/h/ mph またはペース 分/km /分/mi を選択します)
  • スピード/ペース ゾーン設定(スピード/ペースゾーンを利用することで、選択した項目に応じてスピードやペースを簡単に選択・モニタリングできます。デフォルトゾーンはこれは比較的高いフィットネスレベルでトレーニングする方向けに設定されているスピード/ペースゾーンの参考的な値です。「デフォルト」を選択した場合、リミットを変更できません。「フリー」を選択した場合、すべてのリミットを変更できます。)

トレーニングビューを選択します

セッション中にトレーニングビューで表示するデータを選択できます。各スポーツプロファイルに、計8種類の異なるトレーニングビューを保存できます。各トレーニングビューには、最大4個の異なるデータフィールドを選択できます。

鉛筆のアイコンを既存の表示上でクリックし編集するか、「新しいビューを追加」をクリックします。

動作とフィードバック

  • 振動フィードバック (振動での通知をオンまたはオフに設定できます。)

GPS と高度

  • オートポーズ:トレーニング中に オートポーズを使用するには、GPSを「高精度」に設定するか、またはPolarストライドセンサーを使用する必要があります。動きが止まるとセッションが一時停止し、運動を再開すると自動的に記録を再開します。
  • GPS記録間隔を設定します(オフまたはHigh accuracy(高精度)(つまり、GPS記録はオンになります)を設定できます)

スポーツプロファイル設定が終了したら、「保存」をクリックします。設定を腕時計に同期してください。

多くの屋内スポーツ、グループスポーツ、チームスポーツのプロファイルでは、 「心拍数を他のデバイスにも表示」 がデフォルトで有効になっていることに注意してください。例えばジム器具などの、Bluetooth Smartワイヤレス技術搭載の対応デバイスは、あなたの心拍数を検知することができます。Polar スポーツプロファイル リストから、どのスポーツプロファイルがデフォルトでBluetooth転送されているのかをチェックすることができます。Bluetooth でのデータ転送を、スポーツプロファイル設定画面でオンまたはオフに設定できます。