心拍数に基づく運動・休憩ガイド

トレーニングのリズムと効率を最適化して、ベストなトレーニング効果を引き出しましょう。運動・休憩ガイドはトレーニング セッションにおける運動中・休憩中の心拍数を分析し、最適なタイミングで運動フェーズを再開できるようにガイドします。セット中の最高心拍数を自動的に検出し、休憩中も心拍数をモニターして、身体が十分に回復し次のセットを開始できるタイミングを教えてくれます。

トレーニング セッション中に運動・休憩ガイド機能を使うには、使用したいスポーツプロファイルに運動・休憩ガイドのトレーニングビューを追加する必要があります。標準では、運動・休憩ガイドのトレーニングビューは次のスポーツプロファイルでオンになっています:筋力トレーニング、サーキットトレーニング、高強度インターバルトレーニング、ファンクショナル・トレーニング、ブートキャンプ、ケトルベル。トレーニングビューはどんなスポーツプロファイルにも追加できます。追加は、Polar Flowアプリまたはウェブサービスのスポーツプロファイル設定から行ってください。

運動・休憩ガイドを使ったトレーニング

適切なウォームアップでトレーニング セッションを始め、トレーニングがもたらす恩恵を最大化しましょう。ウォームアップによりトレーニングの効果が高まり、けがのリスクが軽減されます。トレーニング セッションの運動フェーズを始める準備が整ったら、運動・休憩ガイドをオンにセットしてください。UP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って運動・休憩ガイドトレーニングビューに移動し、OKを押して機能をオンにします。

ディスプレイのガイダンス

運動・休憩ガイドのトレーニングビューには、現在の心拍数とリアルタイムの心拍数グラフが表示します。トレーニング中の心拍ゾーンは色別で表示されます。次の指示に従って、トレーニング セッションの運動フェーズと休憩フェーズを調整します。

心拍数を上げましょうは、運動フェーズを開始するために心拍数を上げる必要があることを意味しています。心拍数が運動フェーズに十分なレベルにまで上がると、ディスプレイのテキストが運動に変わります。セットを完了すると、腕時計は運動フェーズが終了したことを自動的に検知します。また、運動フェーズ中に到達した最高心拍数も自動的に検知されます。OKを押して、運動フェーズを手動で終了することもできます。

目標のリカバリー心拍数が定義されると、心拍数が十分下がるまで休憩しましょう とディスプレイに表示され、腕時計が振動してこれを知らせます。休憩フェーズ中は、現在の心拍数と目標のリカバリー心拍数がディスプレイに表示されます。リアルタイムの心拍数グラフの破線は、目標の心拍数を示しています。最小休憩時間は 20 秒です。これよりも早く目標のリカバリー心拍数に到達すると、あと数秒間休憩しましょうと表示されます。

心拍数に基づいて休憩フェーズを決定することができない場合は、時間ベースの休憩フェーズが表示されます。運動時間は終了しました。休憩時間です。と画面に表示され、その後30秒のカウントダウンタイマーが表示されます。

十分に回復して次のセットの時間になると、運動!とディスプレイに表示され、腕時計が振動してこれを知らせます。

この機能をオフにするには、運動・休憩ガイド表示にてBACK(左下)ボタンを押します。運動・休憩ガイドを終了しますか?と表示されます。OKを押し、選択した内容を確定します。運動・休憩ガイドを終了してもトレーニング セッションは終了しません。

特に筋力トレーニングにおいて、ウエイトリフティングやプルアップといった手首に過度の圧力がかかるアクティビティを行う場合は、手首から十分な精度で心拍数を検出することが難しくなる場合があります。このため、正確な心拍数を確実に測定し、運動・休憩ガイド機能を最適に活用するには、Polar H10 N 心拍センサーまたはPolar Verity Sense光学式心拍センサーのご使用をお勧めします。

運動・休憩ガイドについて詳しく読みましょう。