ボタン機能とLED

Verity Senseには、用途やその押し方によって異なるボタンの機能があります。異なるモードでボタンのどのような機能が使えるか、また色ごとにLEDが持つ意味を説明します。

ボタンの機能

センサーをオン/オフにする
  • ボタンを短く押して、センサーをオンにします。
  • ボタンを長押しして、センサーをオフにします。
トレーニングモードを変更する
  • 希望するモードの横のLRDライトが点くまで、ボタンを短く押してトレーニングモードを選択します。
  • ボタンを短く押すと、現在どのトレーニングモードに固定されているかを確認することができます。サイドに点滅するステータスLEDの色は、心拍数モードの時はブルー、記録モードの時はグリーン、スイミング モードの時はホワイトとなります。

LEDの色と意味

トレーニングモードを選択する時

トレーニングモードを選択する時、サイドに点滅するステータスLEDの色は、心拍数モードの時はブルー、記録モードの時はグリーン、スイミング モードの時はホワイトとなります。LEDライトは、心拍数の測定や、現在どのモードに設定されているかを表示し、的確なトレーニングモード選びをアシストします。

詳しくは、トレーニングモードの選択をご参照ください。

 

バッテリー残量
  • 電池残量少:レッドのLEDがゆっくりと点滅します
  • 電池残量切れ間近:レッドのLEDが早く点滅します

 

充電中のバッテリー残量

充電中、ステータスLEDが特定の色で点滅することで、センサーのバッテリー残量を知らせます。

レッド: 0-9%

オレンジ:10-29%

イエロー: 30-79%

グリーン:80-99%

バッテリーがフルに充電されると、グリーンのLEDがずっと点いた状態になります。

充電中スマートフォンがBluetooth接続の圏内にある場合、センサーはPolar Flowアプリと自動的に同期します。同期中はブルーのLEDが点滅します。

 

フィットネステスト中

パープルのLEDが、2秒ごとに点滅します。

Verity SenseでPolar フィットネステストを実施する方法は、資料Verity Senseで行うPolar フィットネステストをご参照ください。

 

その他
同期中: ブルーのLEDが点滅します
ファームウェア更新中: ブルーのLEDが点いたままになります
エラー: レッドのLEDが点滅します