Polar Vantage M2 ユーザーマニュアル: 機能 > 使用エネルギー

使用エネルギー

使用エネルギーの内訳はトレーニングセッション中に様々なエネルギー源(脂肪、炭水化物、タンパク質)をどれだけ使用したかを示しています。トレーニングセッションを終了した直後に腕時計のトレーニング概要で見ることができます。詳細情報はデータを同期した後にPolar Flowモバイルアプリで表示できます。

身体活動中は炭水化物と脂肪を主なエネルギー源として使用しています。トレーニング強度が高くなると、脂肪燃焼量との比率において、より多くの炭水化物が消費されるようになります。タンパク質の役割は通常かなり小さいですが、強度の高い活動と長時間のセッションの間はプロテインからエネルギーの約5~10 %を使用することができます。

使用エネルギーの算出は心拍数を基準としています。この時、個々の身体情報の設定内容も、算出時の考慮に入れています。これには、年齢、性別、身長、体重、最大心拍数、安静時の心拍数、最大酸素摂取量、有酸素性作業閾値、無酸素性作業閾値が含まれます。最も精度の高いエネルギー源消費データが得られるよう、これらの設定をできるだけ正確に設定することが重要です。

使用エネルギー概要

トレーニング セッション後、トレーニング概要に以下の情報が表示されます:

トレーニング セッション中に燃焼した炭水化物、タンパク質、脂肪。

トレーニング セッション後に食事をした場合は、使用エネルギーの量をガイドラインとして解釈しないよう注意してください。

Flowモバイルアプリの詳細分析

Polar Flowアプリでは、トレーニング セッション中の各段階でのエネルギー源の使用量、そしてセッションを通してエネルギーがどれくらい蓄積されたかを確認できます。トレーニング強度の変動により、異なるエネルギー源が使われることがこのグラフでわかります。同様にトレーニングセッション中の進み具合によっても、段階ごとにその結果は変わってきます。類似のトレーニングセッションでは時間の経過とともに内訳がどのように推移するかと比較し、脂肪を主要エネルギー源として使用する能力の向上具合を確認することもできます。

使用エネルギーについてさらに詳しく読む