Polar Vantage M2 ユーザーマニュアル: 機能 > Smart Coaching > 継続的な心拍数

継続的な心拍数

継続的な心拍計測の機能は、24時間心拍数を測定します。これにより、サイクリングといった手首の動きの少ないアクティビティも記録できるため、日常的なカロリー消費と全体的なアクティビティの正確な測定が可能となります。

腕時計での継続的な心拍数

腕時計の 「設定」 > 「基本設定」 > 「継続的な心拍計測」 で、継続的な心拍計測機能をオン、オフまたは夜間のみモードに切り替えることができます。「夜間のみ」のモードを選択する場合には、最も早い就寝時刻から開始するように心拍数計測をセットしてください。

この機能は、デフォルトでオフに設定されています。腕時計で継続的な心拍計測機能を使用し続けると、電池を早く消耗します。Nightly Rechargeを機能させるために、継続的な心拍計測を有効にする必要があります。電池を節約して、さらにNightly Rechargeを使用する場合、継続的な心拍数計測を夜のみにセットします。

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンおよびDOWN(右下)ボタンを使用して、心拍数画面表示に移動します。OKボタンを押して詳細表示を開きます。

継続的な心拍計測機能をオンにすると、腕時計は継続的に心拍数を測定し、それを心拍数画面で表示します。詳細を開くと、その日の最高心拍数と最低心拍数、また前夜の最低心拍数が確認できます。

腕時計は5分感覚で心拍数を記録します、このデータは後にPolar Flowアプリまたはウェブサービスで分析されます。心拍数が上がるとそれを腕時計が察知し、継続的な心拍数の記録を開始します。継続的な記録は、速いペースで1分以上歩いた場合など、手首の動きをきっかけとして開始することもあります。アクティビティレベルがある程度低下すると、継続的な心拍計測記録も自動的に停止します。腕時計が、あなたの手首が動いていないこと、または心拍数が上昇していないことを察知すると、5分間サイクルで心拍数をチェックし、その日の最低心拍数を記録します。

場合によっては、継続的な心拍数計測の概要データで表示される値よりも、日中腕時計上に表示される心拍数の方が高い、または低いことがあるでしょう。これは概要データでは、一日の最高値と最低値を記録するからです。記録間隔を外れるとこういったデータの差異が生じます。

腕時計の裏側のLEDライトは、継続的に心拍数を計測している間、そしてセンサー部分が皮膚と接触している間は、常にオンの状態にあります。心拍数を正確に読み取るための正しい腕時計の装着方法は手首での心拍計測をご確認ください。

Polar Flowでは、ウェブまたはモバイルアプリのいずれかで、より詳細かつ長期間の継続的な心拍数データを確認することができます。こちらの詳細なガイドで継続的な心拍計測の詳細を確認できます。