Grit Xユーザー マニュアル: トレーニング > 手首型心拍計測

手首型心拍計測

お使いの腕時計は、Polar Precision Prime™ センサー融合技術を使用して手首から心拍数を自動的に測定します。この新しい心拍数の革新は、光学式心拍数測定と皮膚接触測定とを組み合わせ、心拍信号への妨害を排除します。最も厳しい条件やトレーニング セッションでも正確に心拍数を計測します。

運動時の身体の状態を把握できる自覚症状(運動負荷の認識、呼吸の速さ、身体的感覚)は多くありますが、そのどれよりも、心拍数の測定は信頼性があるものです。客観的で、かつ体内および体外の両方からの要因の影響を反映するので、身体の状態を把握する信頼性のある計測値であるといえます。

手首での心拍数計測を行う際の腕時計の装着方法

トレーニング中(および継続的な心拍計測機能を使用中)に、正確に手首での心拍計測を実行するためには、腕時計を正しい方法で装着してください:

  • 手首の上に腕時計を装着します。手首の骨の上、指1本分以上の幅を持たせてください(下図参照)。
  • リストバンドを手首周りにきつく締めます。センサーの後面は、常にあなたの皮膚と接触している必要があります。また、腕時計は動かないようぴったりと装着されていなければなりません。リストバンドが緩みすぎているかどうかを確認する良い方法は、腕の両側からリストバンドを軽く押し上げて、センサーが肌から離れないことを確認することです。リストバンドを押し上げた時にセンサーのLEDライトが点いたら、正しく装着されていないということです。
  • 心拍数計測の正確性を高めるため、心拍数測定の数分前から腕時計を装着することをおすすめします。手先や肌が冷えやすい方は、肌をあたためておくといいでしょう。トレーニング セッション開始前に血行を良くしておきましょう!

手首にタトゥーなどがある場合、その場所では正確に読み取れない場合があるため、ない場所にセンサーを装着してください。

手首上でセンサーを固定することが難しい、またはセンサーの近くの筋肉または腱を動かすことの多いスポーツの場合は、より正確に心拍数を測定するために、トレーニング中にチェストストラップ付きのPolar心拍センサーを使用することが推奨されます。ご利用の腕時計は、Polar H10などのBluetooth®心拍センサーと互換性があります。Polar H10心拍センサーは、心拍数の急激な上昇または下降に反応しますので、クイックスプリントを伴うインターバルタイプのトレーニングのための理想的な選択肢です。

手首での心拍計測の最高性能を維持するには、腕時計を清潔に維持し、傷を防いでください。汗をかいたトレーニング セッション後は、腕時計を低刺激石鹸と水溶液で洗い、流水ですすぐことが推奨されます。そして、柔らかいタオルで乾かします。充電する前には完全に乾かしてください。

手首での心拍数測定を行うときに腕時計を装着する

リストストラップを少し緩めて、余裕をもたせ、肌が空気に触れるようにしてください。通常の腕時計と同様に腕時計を装着します。

時々、手首を空気に触れさせることをおすすめします。特に肌が敏感な方には重要です。腕時計を取り外して充電します。これにより、肌も腕時計も休むことができ、次のトレーニングイベントに備えることができます。