現在のページ: 機能 > Strava Liveセグメント

Strava Liveセグメント

Stravaセグメントは、アスリートがサイクリングまたはランニングでタイムを競い合う時に事前に設定する、ロード/トレイルのセクション(区間)です。セグメントはStrava.comでStravaユーザーなら誰でも作成できるものです。セグメントを使用して自己タイムを比較したり、同じセグメントを完了した他のStravaユーザーのタイムと比較したりすることができます。各セグメントは、そのセグメントにおいて最高記録を達成した人をキング/クイーン・オブ・ザ・マウンテン(KOM/QOM)として公表されます。

Polar Grit XでStrava Liveセグメントの機能を使用するには、Strava Summit分析パックが必要であることに注意してください。Strava Liveセグメントを有効にして、セグメントをFlowアカウントにエクスポートし、Grit Xに同期すると、お気に入りのStravaセグメントに近づいたときに腕時計でアラートを受け取るようになります。

セグメントを実行すると、腕時計でセグメントの自己記録(PR)を上回っているか下回っているかを示すリアルタイムのパフォーマンスデータを取得できます。セグメントが完了すると、結果が計算され、すぐに腕時計で確認できますが、最終結果はStrava.comで確認する必要があります。

StravaとPolar Flowアカウントの接続

Polar FlowウェブサービスまたはPolar FlowアプリでStravaとPolar Flowアカウントを接続できます。

Polar Flowウェブサービスで、設定 > パートナー > Strava > 接続に進みます。

または

Polar Flowアプリで、基本設定 > 接続 > Strava (ボタンをスワイプして接続)に進みます。

Polar FlowアカウントへのStravaセグメントのインポート

  1. Stravaアカウントで、Polar Flow「お気に入り」/Grit Xにインポートしたいセグメントを選択します。セグメント名の隣にある星のアイコンを選択して行います。
  2. 次に、Polar Flowウェブサービスの「お気に入り」ページで「Strava Liveセグメントの更新」ボタンを選択し、Strava LiveセグメントをPolar Flowアカウントにインポートします。
  3. Grit Xには最大100項目の「お気に入り」を保存できます。Grit Xに転送したいセグメントをStrava Liveセグメントの左側のボックスから選んでクリックし、右側のGrit X同期リストに移します。Grit Xの「お気に入り」内の順序は、ドラッグアンドドロップで変更できます。
  4. Grit Xを同期し、変更を腕時計に保存します。

Polar Flowウェブサービスとアプリでの、お気に入り項目の管理方法に関するさらに詳しい情報は「Polar Flowでお気に入り/トレーニング目標を管理する」をご覧ください。

Stravaセグメントに関する詳しい内容はStravaサポートをご覧ください。

Strava Liveセグメントによるセッションの開始

Strava LiveセグメントにはGPSが必要です。使用したいランニングおよびサイクリング スポーツプロファイルでGPSがセットされていることを確認してください。

ランニングまたはサイクリング トレーニング セッションを開始すると、腕時計に同期された近くのStravaセグメント(サイクリングでは50 km以内、ランニングでは10 km以内)がStravaセグメントトレーニングビューに表示されます。セッション中はUP(右上)ボタンとDOWN(右下)ボタンを使って、Stravaセグメントビューをスクロールします。

セグメント(サイクリングでは200メートル以内、ランニングでは100メートル以内)に近づくと、腕時計にアラートを受け取り、セグメントまでの残りの距離がカウントダウンされます。腕時計のBACKボタンを押してセグメントをキャンセルできます。

セグメントの開始点に達すると、別のアラートが鳴ります。セグメントの記録が自動的に開始され、セグメントの名前とセグメントの個人記録時間が腕時計に表示されます。

ディスプレイには自己ベストを上回っているか下回っているか(あるいは、そのセグメントを初めて行っている場合はKOM/QOM)、そしてスピード/ペースと残りの距離が表示されます。

セグメント完了後、腕時計にはタイムが表示され、自己ベストタイムとの差が表示されます。自己記録を更新した場合は、PR記号が表示されます。