現在のページ: 機能 > Hill Splitter™

Hill Splitter™

Hill Splitter™は、トレーニングセッション中のアップヒル、ダウンヒルセクションでのパフォーマンスデータを提供します。Hill Splitter™はGPSをベースにしたスピード、距離、気圧高度データから、自動的にアップヒル、ダウンヒルセクションを検知します。コース上のすべてのヒルセクションにおける距離、スピード、上昇・下降率などのパフォーマンスデータを細かく記録し、表示することができます。トレーニングセッション中の上りセクションのプロファイルを記録し、過去のトレーニングセッションのヒルセクションデータと比較を行うことができます。各ヒルについての詳細情報が自動的に記録されるので、手動でラップを計測する必要はありません。

Hill Splitterは各トレーニングセッションの地形に適応します。実際のトレーニングでは、比較的平らな地形でトレーニングセッションを行った場合に、小さなヒルでもカウントされることを意味します。再び山道のような高度に大きな変化のあるエリアでトレーニングすると、最も小さなヒルはカウントされません。この適応は常にトレーニングセッションに特有です。

ヒルとしてカウントされる最小上昇または最小下降はスポーツプロファイルによって異なります。ダウンヒルスポーツ(スノーボード、ダウンヒルスキー、バックカントリースキー、テレマークスキー)では最小値は15メートルで他のすべてのスポーツでは10メートルです。

Hill Slitterには1秒のGPSの記録間隔が必要です。1分または2分の記録間隔では使用できません。

スポーツプロファイルへのHill Splitterの追加

デフォルトでは、Hill Splitterトレーニングビューはすべてのランニング、サイクリング、ダウンヒルタイプのスポーツプロファイルでオンになっていますが、GPSと気圧高度を使用するすべてのスポーツプロファイルに追加できます。

Flowウェブサービスで:

  1. 「スポーツプロファイル」に進み、追加したいスポーツプロファイルで「編集」を選択します。
  2. 「デバイスに関連」を選択します
  3. 「Grit X」 > 「トレーニングビュー」 > 「新規追加」 > 「フルスクリーン」 >「Hill Splitter」を選択して保存します。

Flowモバイルアプリで:

  1. メインメニューに進み、「スポーツプロファイル」を選択します。
  2. スポーツを選択し、「編集」をタップします。
  3. Hill Splitterトレーニングビューを追加します。
  4. 準備ができたら、「終了」をタップします。

設定をPolarデバイスに同期してください。

Hill Splitterを使ったトレーニング

トレーニングセッションの開始後、UP(右上)/DOWN(右下)ボタンでHill Splitterビューをスクロールします。トレーニングセッション中に表示できる詳細には以下のものが含まれます:

  • 距離:現在のセグメントの距離(平ら、アップヒル、またはダウンヒル)
  • 現在のセグメントの上昇/下降
  • スピード

ヒルから平らな土地に切り替える場合、若干の遅延があることに注意してください。これはヒルが終わったことを確認して行ってください。Hill Splitterトレーニングビューに表示されているヒルから平らな土地への切り替えに遅延がある場合でも、ヒルの終わりはデータには正確にマークされるので、Flowウェブサービスまたはアプリでトレーニング概要を表示すると、正確に表示されます。

ヒル詳細ポップアップ

ダウンヒル スポーツ(スノーボード、ダウンヒルスキー、バックカントリースキー、テレマークスキー)では、前のヒルを終了して、それからアップヒルを15メートル戻った後に、前のヒルの詳細の付いたポップアップが表示されます。これは、スキー場のリフトで引き返すときにポップアップが表示されるように設計されています。

  • 距離:現在のセグメントの距離(平ら、アップヒル、またはダウンヒル)
  • 現在のセグメントの上昇/下降
  • 平均スピード
  • ヒルナンバー

Hill Splitter™概要

トレーニングセッション後、トレーニング概要に以下の情報が表示されます:

  • アップヒルとダウンヒルの数
  • アップヒルとダウンヒルの合計距離

Flowウェブサービスとアプリにおける詳細分析

トレーニングセッション後、データをFlowウェブサービスに同期すると、Flowウェブサービスで各アップヒル、ダウンヒル、平らなセグメントに関する詳細データを表示します。トレーニングセッションの概要がPolar Flowアプリでも確認できます。

各セグメントで利用可能なデータはスポーツプロファイルと使用したセンサーによって異なりますが、例えば高度、パワー、心拍数、ケイデンス、スピードデータを含むことがあります。