Menu

Polar Sleep Plus™のトラブルシューティング

Polarデバイスにおける睡眠検出は完全に自動化されています。これは、内蔵3D加速度センサーによる非利き手の運動の記録に基づきます。当社および他者により、Sleep Plusのアルゴリズムは、非常に正確であることが確認されていますが、自動睡眠検出技術の課題を認めることも重要です。Polarデバイスが、毎晩のあなたの睡眠を適切に認識できない場合があります。また、検出された就寝または起床時刻が、あなたが感じる時刻と異なる場合があります。この文書では、これが発生する理由と自動睡眠検出の課題について説明します。

Polar Sleep Plus機能は、健康的な睡眠を追跡するために開発されました。測定された結果により、あなたの睡眠習慣をより良く理解し、睡眠を最適化する方法を見つけることができます。この機能は、睡眠の乱れや他の関連する状態の診断または治療における使用を意図していません。

Sleep Plusの測定結果が無い日がある

Sleep Plusの測定結果が欠落している場合、Sleep Plusが計算に失敗したことを意味します。これは、次の理由の1つ以上により発生します:

  • 睡眠が4時間未満である。Sleep Plusによる評価を取得するには、睡眠時間、言い換えれば、就寝から起床までの時間が、少なくとも4時間であることが必要です。
  • Polarデバイスが、4時間以上眠っているにも関わらず、4時間未満の睡眠を検出した。自動睡眠検出は、あなたが睡眠中に絶えず動いている場合、たくさん動く場合に課題があります。つまり、データの精度が低下します。例えば、検出される就寝時刻が実際の時刻よりも遅く、および/または、検出される起床時刻が実際の時刻よりも早い場合、検出される睡眠時間の長さが、Sleep Plusの計算に十分ではなくなる可能性があります。
  • 自動睡眠検出は、睡眠中には少なくとも何らかの動きがあるという事実に基づいています。前述の通り、Polarデバイスの睡眠検出は、手の動きの記録に基づいています。あなたが長時間ほとんど動かない場合、Polarデバイスは、装着されていることを確認することが必要になります。これにより、特定のケースにおいて、睡眠データが不正確かつ不十分になる可能性があります。
  • 起床後直ちにPolarデバイスを取り外す、または、就寝中のみ装着することも、Sleep Plusの計算を混乱させる原因になります。

就寝時刻/起床時刻に誤りがある

検出された就寝時刻または起床時刻に不正確があると思われる場合は、その考えられる原因について、以下を確認してください。

  • あなたが睡眠の始めのころに絶えず動いている場合、たくさん動く場合、Polarデバイスには、就寝の認識に課題があります。したがって、検出される就寝時刻が、実際の時刻よりも遅くなる可能性があります。
  • あなたが睡眠の終わりのころに絶えず動いている場合、たくさん動く場合、Polarデバイスには、起床の認識に課題があります。したがって、検出される起床時刻が、実際の時刻よりも早くなる可能性があります。
  • 就寝前または朝起床後に長時間眠るのではなく、比較的動きが少ない状態で横になっていると(例えば、読書やテレビの視聴など)、Polarデバイスは、あなたが起きているのか、眠っているのかを判断できなくなり、誤った睡眠を記録する可能性があります。
  • Polarデバイスをしばらく装着せず、就寝の直前に手首に装着した場合、デバイスには、装着されたことを確認するための十分なデータが与えられません。就寝前の約1時間半前に、Polarデバイスを装着するようにしてください

検出された起床または就寝時刻に納得できない場合は、睡眠時間をより良く反映させるため、Flowウェブサービスまたはアプリで、その時刻を手動で編集できます。

Flowウェブサービスで、Sleep Plus™の睡眠時間を編集する方法

  1. Flowウェブサービスで、「ダイアリー」に進み、「睡眠」タブを選択します。
  2. 編集する日を選択します。
  3. 選択し 、次にスライダーを使って、睡眠時間の開始/終了時刻をあなたが知覚した起床時刻または就寝時刻に一致させます。最大編集範囲は、開始/終了時刻から1時間以内を延長すること、または、3時間以内を短縮することです。
  4. 完了したら、「確認」を選択します。

Flowアプ、Sleep Plus™の睡眠時間を編集する方法

  1. [睡眠] 表示に進み、データ領域の中央をタップします。表示が横向きに変わります。


     
  2. 例えば、睡眠時間の終端の赤色ボタンを知覚した起床時刻に一致するようドラッグして、睡眠時間を編集します。  


     
  3. 完了したら、 [完了] をタップします。これにより、新しい睡眠時間が、次の同期時にサービスおよびPolarデバイス全体に同期されます。

Polar Igniteは、新しい Sleep Plus Stages の睡眠状態のトラッキング機能を使用することに注意してください。Polar Igniteを使用して睡眠をトラッキングした場合は、残念ですが、Polar Flowウェブサービスまたはアプリで、睡眠時間を編集できません。

Polarデバイスは、Sleep Plus結果を全く測定しません

デバイスを工場出荷時設定にリセットすることで、解消されるかどうかを試みてください。工場出荷時設定を実行すると、すべての個人データと設定がデバイスから削除されます。再度設定を行い、自分に合わせた設定に調節する必要があります。PolarデバイスからFlowアカウントに既に同期されたデータはすべて安全です。

Diary(ダイアリー)に睡眠データはありますが、Sleep Plusの結果が、Sleep(睡眠)タブの下に表示されません。

この1年の間に、当社の睡眠管理は、基本睡眠データから、Polar Sleep Plusに変更されました。両方の機能は、手の動きの記録に基づいていますが、Polar Sleep Plus機能は、睡眠に関するより深い洞察を提供します。したがって、基本睡眠機能が計算を成功するよりも、より具体的な睡眠データを必要とします。

例えば、十分な睡眠データが得られなかったため、Sleep Plusが計算に失敗した場合、その夜のSleep Plus結果は表示されません。この場合でも、基本睡眠データが利用可能な場合は、その夜の睡眠の概要を提供するようにしています。基本睡眠データは、Flowウェブサービス(アクティビティタイムラインおよびアクティビティサマリー)およびアプリ(アクティビティビュー)で確認できます。月のアイコンから、基本睡眠データを確認できます。基本睡眠データには、睡眠の時間の品質(安眠/安眠でない)が含まれます。

基本睡眠データによるアクティビティタイムライン:

 

基本睡眠データによるFlowアプリのアクティビティビュー:

 

 

 

 

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.