Menu

トレーニングロードPro

トレーニングを行うと、身体のあらゆる部分が疲れてきます。Training Load Pro があれば、トレーニング セッション時に、身体のあらゆる部分にかかっている負荷と、それがパフォーマンスにどのように影響しているかを、包括的に確認することができます。Training Load Pro では、心肺系と筋骨格系の両方へのトレーニング負荷(カーディオ負荷と筋肉への負荷)を知ることができ、自覚的な運動負荷では、どのくらい疲労しているかを評価できます。Training Load Pro によって、セッション単位や長期間のトレーニングがもたらす疲労をモニタリングできます。身体がどのようにトレーニングによる疲労に対処しているかを知らせてくれる Recovery Pro を Training Load Pro と一緒に使用すれば、トレーニングと回復のバランスを完璧にとることができます。

Training Load Pro で測定できるもの

Training Load Pro は、トレーニングによる疲労レベルを測定し、3 種類のトレーニング負荷にについて教えてくれます。それらはカーディオ負荷筋肉への負荷自覚的な運動負荷です。

カーディオ負荷は、トレーニング セッションに対する心臓の反応、つまり、トレーニング セッションが心血管系にどの程度の負担をかけるかを測定します。カーディオ負荷は、トレーニング負荷を定量化するために一般に認められた方法であるトレーニングインパルス計算(TRIMP)として表示されます。TRIMP は、心拍数データとトレーニング セッションの時間から各トレーニングの後に計算されます。また、物理的な環境、休憩、最大心拍数、性別が考慮されます。

筋肉への負荷は、トレーニング セッションが筋骨格系(関節、筋肉、骨格系)に与える負担を測定します。筋肉への負荷は、ショートインターバル、スプリント、ヒルセッションなど、心拍数が強度の変化に反応するのに十分な時間がない無酸素の高強度トレーニング セッションでトレーニング負荷を定量化するのに役立ちます。筋肉への負荷は、ランニング セッション(GPS が利用可能な場合)とサイクリング セッション(サイクリングのパワーメーターを使用している場合)のパワーデータから自動的に計算を行います。筋肉への負荷を取得するには、ランニングまたはサイクリングタイプのスポーツプロファイルを使用する必要があります。

Vantage V/Vantage V2/Grit X を使用すれば、外部のセンサーを使用することなく手首からランニングパワーを計算できます。Vantage M の場合、ランニングパワーの測定に外部パワーセンサーが必要となります。筋肉への負荷データは、Igniteではご覧いただけません。

自覚的な運動負荷は、トレーニング セッションの強度の自己評価に基づくものです。自覚的な運動負荷は、トレーニング負荷を定量化する科学的に認められた主観的方法である「感情の評価」(RPE)により定量化されます。自覚的な運動負荷は、心拍数のみに基づいてトレーニング負荷を測定することには限界がある、例えば筋力トレーニングなどのスポーツに特に役立ちます。自覚的な運動負荷を取得するには、後からトレーニング セッションを Flow モバイルアプリで評価する必要があります。

負担と耐久力
カーディオ負荷から計算した短期および長期のトレーニング負荷をモニタリングする場合、Training Load Pro は負担と耐久力と呼ばれるパラメーターを使用します。

負担は、トレーニングにより、どれだけ疲れているかを示します。過去 7 日間の 1 日の平均負荷を示します。

耐久力は、カーディオトレーニングにどれくらい耐える準備ができているかを説明します。過去 28 日間の 1 日の平均負荷を示します。カーディオトレーニングに対する耐久力を向上させるには、長期間にわたりトレーニングを徐々に増やしてください。耐久力が高いほど、多くのトレーニングに耐えられます。

カーディオ負荷ステータス
カーディオ負荷ステータスは、負担と耐久力を比較し、トレーニングがどのように身体に影響を与えているかを推測します。過去 7 日間の 1 日の平均負荷(負担)を過去 1 ヵ月のトレーニング(耐久力)と比較することで推測します。カーディオ負荷ステータスの数値は負担を耐久力で除算した値となります。

トレーニング セッションによるトレーニング負荷の解釈方法

数値は、各トレーニング セッションのカーディオ負荷、筋肉への負荷、自覚的な運動負荷の絶対計算値を示しています。言葉の説明や弾丸は適応型で、過去 90 日間の平均と比較したトレーニング セッションの厳しさを示しています。


 
数字スケール
カーディオ負荷(TRIMP)
カーディオ負荷は、トレーニングインパルス計算(TRIMP)によって決定されます。トレーニング セッションの時間や激しさを考慮し、心拍数データが利用できるすべてのスポーツについて計算できます。60 分間のトレーニング セッションの値は、通常 70 から 130 になります。

筋肉への負荷:

筋肉への負荷は、ランニングセッションまたはサイクリングセッション中に生成した機械エネルギー(kJ)の量を示します。これは、トレーニング セッション中の平均パワーにセッションの時間を乗算して算出されます。この数値は、60 分間のランニング トレーニング セッションでは通常 700 から1400、60 分間のサイクリング トレーニング セッションでは 360 から720 になります。

自覚的な運動負荷
自覚的な運動負荷は RPE(1 から 10 のスケールでトレーニング セッションがどれほど激しかったか、という自覚的運動強度)と時間(自覚的な運動負荷 = RPE x 時間)に基づいています。60 分間のセッションの値は、通常 180 から 360 になります。

RPE(自覚的運動強度)

感情の評価(RPE)は、主観的な運動負荷の指数で、最も頻繁に使用されるシンプルな負荷指数の 1 つです。これはトレーニング セッションの負担レベルを個人が推定したものであり、自覚的な運動負荷を計算するために使用されます。1 ~ 10 のスケールを使用します。1 は非常に簡単で、10 は最大の労力です。トレーニング セッション後に Flow アプリで評価を行います。RPE は、トレーニングの 30 分後のタイミングが最も回答に適した時間帯です。

同様のトレーニング セッションの自覚的運動強度が軽くなっていれば、パフォーマンスが改善していることになります。予想外にハードな運動強度は、何かが回復を阻んでいることを意味します。

言葉の説明と弾丸スケール
カーディオ負荷、筋肉への負荷、自覚的な運動負荷の言葉の説明と弾丸スケールでは、5 段階スケール(とても低い、低い、中程度、高い、とても高い)を使用します。スケールは適応型で、絶対値とともにシングル トレーニング セッションの負荷の解釈に役立ちます。それらは、過去 90 日間の平均と比較したトレーニング セッションの厳しさを示しています。適応型であるため、絶対値と直接のつながりはありません。

 とても低い
 低い
 中程度
 高い
 とても高い

それらはあなたの進歩に従って適応します。つまり、トレーニングすればするほど、耐久力は高くなります。また、これは例えば数か月前に 3 つの弾丸(中程度)にランク付けされた負荷の値が、現在はトレーニングへの耐久力が改善して 2 つの弾丸(低い)としてランク付けされることを意味します。これは、トレーニング履歴と現時点での体の調子によって、同じ種類のトレーニング セッションであっても心肺系に与える影響がまちまちであることを示しています。

カーディオ負荷ステータスを始める

カーディオ負荷ステータスは、負担と耐久力を比較し、トレーニングがどのように身体に影響を与えているかを示します。 カーディオ負荷ステータスを追跡することで、短期および長期的にトレーニング量をコントロールできます。

カーディオ負荷ステータスに追跡するにあたり、身体の状態に関する正確なフィードバックを得るために、まずはあなた個人の基準値を構築する十分なデータを集めなくてはなりません。負担と耐久力を確実に判断するには、一定量のトレーニング履歴が必要となります。そのため、利用可能な情報をすべてすぐに確認することはできません。基準値を構築するには数週間かかります。正確なフィードバックを得るまでは、推定値(* が付いています)が示されます。

どんなタイミングで、何が示されるのか?

負担
負担は、過去 7 日間に 1 つ以上のトレーニング セッションを終了した時に表示されます。1 つもセッションを完了していない場合、負担の値は 0 になります。

耐久力
Flow エコシステムを初めて使用し、トレーニング履歴がない場合、推定耐久力を確認するには、28 日間のウィンドウで別々の日に 3 つ以上のトレーニング セッションを行う必要があります。
Flow にトレーニング履歴があり、28 日間のウィンドウで別々の日に 3 つ以上のトレーニング セッション(1 つのセッションを少なくとも 8 日前に終了している必要があります)を完了している場合、推定耐久力が示されます。
少なくとも 28 日前からのトレーニングデータがあり、その期間中に別々の日に 8 つ以上のトレーニング セッションを終了している場合、耐久力を正確に判断する十分なデータがあるため、推定値は表示されなくなります。

カーディオ負荷ステータス

カーディオ負荷ステータスは、耐久力が利用できる場合に示されます。

カーディオ負荷ステータスは過去 28 日間のウィンドウの 1 日の平均負荷を入力情報として使用する、Flow にトレーニング履歴がない場合は、最初の 4 週間は基準値を構築するためにデータを収集します。この期間中、カーディオ負荷ステータスは正確でないことがあります。特に、定期的なトレーニング習慣よりも軽い、または激しいトレーニングを行った場合、短期的にカーディオ負荷ステータスが歪み、正確でないステータスを示すことがあります。通常のトレーニング量を反映したトレーニング月間を過ごすと、カーディオ負荷ステータスは信頼できるものになります。

腕時計でのカーディオ負荷ステータス
カーディオ負荷ステータスは、腕時計で最も簡単に確認できます。

Ignite カーディオ負荷ステータスは、Polar Flowアプリ とウェブサービスで閲覧できますが、腕時計では表示されません。

Grit X/Vantage V/Vantage V2

  1. 時刻表示画面で、左右にスワイプするか、UP(右上)/DOWN(右下)ボタンでスクロールしてカーディオ負荷ステータス画面表示に移動します。
  2. 表示ボタンか OK ボタンを押すと詳細が表示されます。
  3. 画面は上下にスワイプするか、UP(右上)ボタン/DOWN(右下)ボタンでスクロールできます。

Vantage M

  1. 時刻表示画面で、UP(右上)ボタンおよび DOWN(右下)ボタンを使用して、カーディオ負荷ステータス画面表示に移動します。
  2. OK ボタンを押すと詳細が表示されます。
  3. 画面はUP(右上)ボタン/DOWN(右下)ボタンでスクロールできます。

1.カーディオ負荷ステータスグラフ
このグラフは、ひと目でわかる現在のカーディオ負荷ステータスを示します。

2.負担と耐久力の比率に基づくカーディオ負荷ステータス
現在のカーディオ負荷ステータスと対応する負担と耐久力の比率
トレーニング不足 – 比率 0.8 以下
現状維持 – 比率 0.8~1.0
効果的  – 比率 1.0~1.3
オーバートレーニング – 比率 1.3 以上

3.カーディオ負荷ステータスフィードバック
ステータスと現在のステータスに関する言葉のフィードバック。

  • トレーニング不足:通常より少ないトレーニングを行っています。これを続けると、フィットネスレベルが下降し始めます。
  • 現状維持:通常より少ないトレーニングを行っていますが、フィットネスレベルを維持するには十分です。これを長く続けると、トレーニング不足になります。
  • 効果的:着実にトレーニングを行い、フィットネスレベルを改善しています。続けましょう!
  • オーバートレーニング:過去数日間、通常よりも多いトレーニングを行っています。これを長期間続けると、スポーツに関連する怪我のリスクが増え、トレーニングが逆効果になります。
  • 怪我や病気のリスクを伴うオーバートレーニング:オーバートレーニングを続けると、怪我や病気のリスクが増えます。このトレーニング量では、スポーツに関連する怪我を起こしやすくなります。また、病気にかかりやすくなる可能性もあります。

4.注意(データが不足している場合)

注意は、データが不足しているかどうかを知らせ、続行する方法を知らせてくれます。

5.Recovery Pro(Vantage V/Vantage V2)
リカバリー フィードバックが準備できている場合、ここに表示されます。

Polar Flow アプリとウェブサービスにおける長期的な分析

Polar Flow アプリとウェブサービスにおけるカーディオ負荷レポートでは、時間の経過とともにカーディオ負荷がどのように累積し、過去 1 週間または数か月にわたってトレーニング負荷がどのように変化したかを確認でき、過去のトレーニングが現在のパフォーマンスにどう影響しているかを知ることができます。時間の経過とともにカーディオ負荷がどのように累積するかをモニタリングすることで、トレーニングを減らすタイミングや増やすタイミングを把握できます。

Polar Flow アプリ
Flow アプリでカーディオ負荷の累積を表示するには、週間サマリー(カーディオ負荷ステータスモジュール)またはトレーニング概要(Training Load Pro モジュール)の 3 つのドットが並んだアイコンをタップします。

  


 
Polar Flow ウェブサービス
Flow ウェブサービスにおいて、カーディオ負荷ステータスおよびカーディオ負荷の累積を表示するには、Progress(進捗状況) > Cardio Load(カーディオ負荷)レポートに進みます。


 

カーディオ負荷ステータス

ステータスは色別で表されます。

オーバートレーニング

効果的

現状維持

トレーニング不足

各週の全体のステータスは週ステータスに表示されます。これは、週の最後の日のレベルによって決まります。

カーディオ負荷ビルドアップ

赤色バーは、トレーニング セッションの負荷を示しています。バーが高くなればなるほど、あなたの心肺系への負荷がより高かったことになります。5 つの弾丸スケールのように、過去 90 日間のセッション平均と比較して、そのトレーニング セッションがどれだけハードであったかを示します。

背景色は、5 つの弾丸スケールや言葉の説明(かなり低い、低い、中程度、高い、とても高い)などのように、過去 90 日間のトレーニング セッション平均と比較して、トレーニング セッションがどれだけハードであったかを示します。

 

負担は、トレーニングにより、どれだけ疲れているかを示します。過去 7 日間の 1 日の平均負荷を示します。

 

耐久力は、カーディオトレーニングにどれくらい耐える準備ができているかを説明します。過去 28 日間の 1 日の平均負荷を示します。カーディオトレーニングに対する耐久力を向上させるには、長期間にわたりトレーニングを徐々に増やしてください。耐久力が高いほど、多くのトレーニングに耐えられます。

 

(カーディオ負荷に基づく)怪我や病気のリスクは、負担がやや高すぎるときや、高い負荷レベルを維持することが怪我や病気につながる可能性があるときを知らせてくれます。短期間のトレーニング負荷(負担)が通常(耐久力)よりもはるかに高い場合、怪我や病気リスクの警告を受け取ります。オーバートレーニングを行っている場合、スポーツに関連する怪我を起こしやすくなります。また、病気にかかりやすくなる可能性もあります。リスクを減らすには、ステータスがオーバートレーニングでなくなり、怪我や病気リスクが通常に戻るまで、休憩、回復を行います。休憩と回復に集中することが大切です。ただし、トレーニング戦略の一部であれば、しばらくオーバートレーニングを維持しても問題ありません。しかし、長期間オーバートレーニングステータスを維持しすぎると、怪我や病気のリスクが増えます。

 

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.