Menu

光学式心拍数測定のトラブルシューティング

Polaデバイスを正しく装着していますか?

手首で精度の高い心拍数計測を行うには、Polarデバイスを正しい方法で装着する必要があります:

  • 手首の上にPolarデバイスを装着します。手首の骨の上、指1本分以上の幅を持たせてください(下図参照)。
  • リストバンドを手首周りにきつく締めます。センサーの後面が、常にあなたの皮膚と接触している必要があります。また、Polarデバイスが動かないよう、ぴったりと装着しなければなりません。Polarデバイスと肌の間の動きは読み取りに干渉するおそれがあります。
  • リストバンドが緩みすぎているかどうかを確認する良い方法は、腕の両側からリストバンドを軽く押し上げて、センサーが肌から離れないことを確認することです。リストバンドを押し上げた時にセンサーのLEDライトが点いたら、正しく装着されていないということです。

トレーニング中は、デバイスの動きを最小限に抑えるため、Polarデバイスを手首の骨部分からさらに上のあたりで、リストバンドを少し強めに締めて着用してください。トレーニング セッションを開始する前に、Polarデバイスが肌になじむよう、装着後数分時間をとってください。トレーニング終了後、リストバンドを少し緩めてください。

手首にタトゥーなどがある場合、その場所では正確に読み取れない場合があるため、ない場所にセンサーを装着してください。手や肌が冷えやすい場合は、肌を暖かくしておくことも重要です。

上記の手順に従っても問題が解決しない場合は、デバイスをもう一方の手首に装着して、問題が解決されるかどうかを確認してください。

スポーツの種類は?

スイミング:Polarデバイスを使って、スイミングセッションを記録するときは、デバイスを手首にぴったりと(他のスポーツよりもぴったりと)着用することが重要です。このようにして、心拍数データの精度を可能な限り高めることができます。水は、手首での心拍計測が最適に機能するのを妨げる可能性がありますが、スイミングセッション中に平均心拍数と心拍ゾーンを監視し、正確な消費カロリー値を取得し、Smart Coaching機能を活用することができます。   

Polar OH1光学式心拍計は、スイミングセッション中に心拍数を記録するための最適なソリューションです。心拍数データを内部メモリに保存し、後でPolar FlowまたはBeatアプリと同期させることができます。Polar OH1+製品パッケージには、スイミングゴーグル ストラップクリップが含まれており、スイミング中に心拍数を正確に測定するために、こめかみに対して着用できます。

Bluetoothは水中で機能しないため、スイミング中にチェストストラップ付きPolar心拍センサーをPolarデバイス(A360、A370、M200、M430、M600、Vantage M、Vantage V)と共に使用できないことに注意してください。

インドアサイクリング:屋内のサイクリングは動きが少なく、手は動かないため、ペダル回転においてハンドルバーをつかむ動作による信号を心拍数と誤って認識する場合があります。手首にあるデバイスを数センチメートルほど上に装着すると、心拍数信号が改善される場合があります。

筋力トレーニング:ウェートリフティングや懸垂といった手首に過度の圧力がかかるアクティビティを行う場合は、手首から心拍数を検出するのは難しいかもしれません。手首にあるデバイスを数センチメートルほど上に装着すると、心拍数信号が改善される場合があります。

ラケットスポーツ:ラケットスポーツといった、手の動きが不規則になるアクティビティでは、手首から正確な心拍数を読み取るのは難しくなります。このようなスポーツを行う場合は、トラッカーの利き腕を変更し、ラケットを持たない腕を選択することができます。

手首上でセンサーを固定することが難しい、またはセンサーの近くの筋肉または腱を動かすことの多いスポーツの場合は、Polar OH1光学式心拍計は、手首での光学式心拍数計測に対する優れた代替策です。Polar OH1を前腕または上腕の装着し、さまざまな場所を試して、一貫して心拍数を検出できる場所を探すことができます。例えば、短距離走、インターバルトレーニング、筋力トレーニングの場合、最も高い精度で計測するために、チェストストラップ付きPolar H10心拍センサーの使用をお勧めします。

どのようなスポーツであれ、デバイスを使用して、トレーニング中の平均心拍数や心拍ゾーンをモニタリングしたり、正確な燃焼カロリーを把握したり、他のPolar Smart Coaching機能を使用したりできます。

心拍数信号が通常よりも高い、または異常な数値ですか?

リストバンドをよりきつく締めてみてください。トレーニング中の心拍数の異常な数値の原因は以下が考えられます:

  • 寒い環境下では血管が収縮するため、人によってはこの強度に差が生じます。寒い天候が血管の状態に強く影響を及ぼすと、光学式心拍計は血流の強弱の変化を検出しにくくなります。
  • 一部のスポーツプロファイルで心拍数の読み取り値が低すぎる場合は、心拍数(HR)の代わりに最大心拍数の割合(HR%)で心拍数を表示するようスポーツプロファイルが設定されているか確認します。スポーツプロファイルの設定の編集の詳細については、Polarデバイスのユーザーマニュアルでご確認ください。
  • Polar製品は不整脈や不規則なリズムの検出に設計されておらず、干渉的な信号として解釈します。多くの場合、Polarトレーニングコンピュータは不整脈の方にもご使用いただけますが、(拍動の間隔が非常に不規則な場合、)心拍数が正確に読み取れない場合もあります。

M600

センサーを使用するためのPolarアプリの権限を与えていますか?

Polarアプリのセンサー権限のオン/オフを切り替える:

  1. ホーム画面から画面上部から下へスワイプして「クイック設定」メニューにアクセスします。
  2. 「設定」アイコンをタップします。
  3. 「アプリと通知」をタップします。
  4. 「アプリの権限」 をタップします。
  5. 「システムアプリ」をタップします。
  6. リストをスクロールして「Polar」を探してタップします。
  7. 「(センサー)」をタップしてオン(スイッチは青)・オフ(スイッチはグレー)を切り替えます。

OH1が心拍数を検出しません。解決するには?

光学心拍数測定の最高パフォーマンスを維持できるよう、OH1を清潔に保ち傷がつかないようにしてください。測定は、軽い強度での小さな変化に基づき、デバイス背面にあるセンサーの小さな汚れでさえ、パフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。同様にセンサーに傷があると、LEDの光は正しい方向に反射せず、デバイスのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

OH1と肌の間の動きは読み取りに干渉するおそれがあります。そのため、手首の周りではなく、前腕または上腕の周りにアームバンドをぴったりと装着することが重要です。前腕または上腕の別の場所を試して、一貫して心拍数を検出できる場所を見つけてください。OH1は肌に触れていなければなりませんが、きつすぎてもいけません。血液の循環に影響を及ぼしたり、気分が悪くなったりするおそれがあります。

寒い環境では、肌の血液循環が弱くなり、センサーが適切に読み取ることができない場合があります。これは、腕の肌を温める、またはトレーニングを行い、肌の温度を高めることにより解決できます。

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.