Menu

データをpolarpersonaltrainer.comからPolar Flowウェブサービスに転送するには?

次のPolar製品のトレーニング結果とフィットネステスト結果を転送できます:CS500、CS600X、FT7、FT40、FT60、FT80、RS300X、RS800CX、RC3 GPS、RCX3、RCX5。1つのトレーニング結果、またはすべての結果を一度に転送することができます。フィットネステストの結果を転送することもできます。

polarpersonaltrainer.comでお使いのユーザー名とパスワードを使用してPolar Flowにログインできます。トレーニングとフィットネステストの結果はpolarpersonaltrainer.comのアカウントからPolar Flowの対応するアカウント(同じユーザー名とパスワードのアカウント)に転送されます。結果を転送するアカウントは選択できないことに注意してください。

フィットネステスト内容転送後に、polarpersonaltrainer.comで編集する場合、polarpersonaltrainer.comから再び結果を転送することにより、Polar Flowにその変更内容を反映できます。注)動きの内容結果は、1回のみ転送できます。動きの内容を転送する際にエラーが生じた場合にのみ、再度実行できます。

polarpersonaltrainer.comとPolar Flowでは機能に違いがあることに注意してください。Polar Flowには、polarpersonaltrainer.comでは利用できない機能がありますが、polarpersonaltrainer.comにも、Polar Flowでは利用できない機能があります。さらに、機能間でも違いが生じることもあります。例)心拍ゾーンの量とリミットの値は、polarpersonaltrainer.com と Flow サービスとでは異なる場合があります。

この新バージョンの動きの転送ツールにおいては、以前のデータ転送ツールでどのトレーニング結果が既にFlow サービスに転送済みであるかは、表示されません。ただし、Flowに転送済みの動きの結果をもう一度転送する場合、この動きの転送が始まる時点において、それをツールが検知します。従って、polarpersonaltrainer.com サービスでは、1つの動きの内容につき、Polar Flow サービスでは1回のみ表示されます。これは、動きの内容を転送する際に重複を防ぐためです。

 

トレーニング結果の転送

トレーニング > 動きの内容を転送 に進みます。

マッピングされていないスポーツがある場合は、polarpersonaltrainer.comでまずそのスポーツをマッピングし、それに対応するPolar Flowのスポーツプロファイルに関連付けすることを推奨します。マッピングが完了しない場合には、動きの内容は、その他のスポーツプロファイルと共にFlowに転送されます。

スポーツをマッピング:

  1. Polarpersonaltrainer.com をクリックすると、Flow.polar.com上の スポーツマッピング リンクを表示します。 
  2. polarpersonaltrainer.comサービスでは、左側にスポーツが表示されます。右側には、それと対応するPolar Flow サービスのスポーツプロファイルを選択できる、ドロップダウンメニューがあります。 
  3. スポーツのマッピングを完了したら、その内容を保存する事を忘れずに。

動きの転送画面からPolar Flow ビューに戻ると、すべての動きの内容をpolarpersonaltrainer.comサービスから見ることができます。時間間隔を選択することにより、1回ごとに表示される動きの内容を制限することができます。

  1. Polar Flowに転送を希望する動きの内容にチェック印を入れてください。また、動きの表示の下のすべてを選択 ボタンをクリックすると、すべての動きを選ぶことができます。
  2. FlowへTransfer(転送) をクリックします。動きの内容の転送はバックグラウンド処理されるため、実行中も polarpersonaltrainer.com を使うことが可能です。 
  3. 1つずつの動きの内容の転送ステータスは、転送ステータスコラムで確認できます。また、転送ステータスの概要を結果画面のトップバーで確認できます。​

 

フィットネステスト結果(OwnIndex/VO2max)の転送

  1. Polarpersonaltrainer.comで、トレーニング > ダイアリーに進みます。
  2. フィットネスデータのアイテムを開きます。

    転送が正常に行われるためには、フィットネスデータのアイテムにOwnIndex値が含まれていなければなりません。



    すでに転送されているフィットネスデータは、フィットネスデータビューの下部に表示され、緑のチェックマークで示されます。


     
  3. 「Flowに転送」ボタンをクリックします。


  4. 次をクリックして転送を確定します:「はい」。

  5. 転送に成功しましたOKをクリックします。

「このフィットネステストはすでにPolar Flowにあります」と表示された場合、すでにPolar Flowに転送されていることを意味します。

「Flowへのフィットネステストの転送にエラーが発生しました。後でもう一度やり直してください。」と表示された場合、インターネット接続またはデータ転送の機能に問題がある場合があります。polar.com/Polar Flowウェブサービスにアクセスできるか確認するか、または後でもう一度やり直します。

「Flowウェブサービスで個人設定が入力されていません。Flowウェブサービスで確認してください。」 と表示された場合、Flowウェブサービスにサインインし、名前/プロフィール写真をクリックして「設定」を選択します。個人設定を入力します。

polarpersonaltrainer.comとPolar Flowウェブサービスでは技術的な違いがあります。そのため、polarpersonaltrainer.comのデータには、Polar Flowに対応していないものもある場合があります。フィットネスデータにそのようなデータが含まれる場合、polarpersonaltrainer.comは、Polar Flowに転送できないことを通知します。

データ転送の制限

Polar Flowウェブサービスとpolarpersonaltrainer.comでは違いがあるため、Polar Flowウェブサービスに表示されないデータがあります。以下の制限をご参照ください。

トレーニング結果

トレーニング結果の次のデータは転送できません:•

  • トレーニングセッション名
  • 最大傾斜
  • Polar FT40およびFT7のフィットネス向上/脂肪燃焼ゾーン
  • 気圧計
  • ラップの温度
  • 筋力トレーニングの動き
  • ラップへのコメント

心拍ゾーンのリミット

心拍ゾーンの量が、polarpersonaltrainer.com とPolar Flowサービスとでは異なる場合があります。polarpersonaltrainer.com の心拍ゾーンのリミットは、Polar Flow上のリミットと一致しない場合があります。このリミットをPolar Flowウェブサービスに合うよう変更する必要がある場合は、転送時に自動的にその調整が行われます。

心拍数のフィルター

心拍センサーとトレーニングデバイスの接続が失われた時、例えば心拍数が0と表示される時間が生じた場合に、polarpersonaltrainer.comは、値が0の読み取り値をはじき出します。これは、一時的な0の読み取り値はトレーニングデータに影響を与えず、心拍数グラフに表示されないことを意味します。Polar Flowウェブサービスは、現在このフィルター機能がありません。従って、0の値の世も込み結果も表示され、また心拍数曲線が、Polar Flowとpolarpersonaltrainer.com間で異なることがあります。

平均値と最大値

平均値と最大値が、心拍数、スピード、高度など、異なる種類のデータ項目で表示されます。polarpersonaltrainer.com と Polar Flow 間でのサービスの相違が生じる場合があります。例)polarpersonaltrainer.comサービス上の値をユーザーが編集した場合に、Polar Flow でその内容がサポートさない等。このリミットをPolar Flowウェブサービスに合うよう変更する必要がある場合は、転送時に自動的にその調整が行われます。

進捗レポート

進行状況の内容は、polarpersonaltrainer.com とPolar Flow サービスとでは異なる場合があります。転送されたデータは、Polar Flowサービス上の進行状況レポートには反映されません。

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.