Menu

Polarランニングプログラムの開始

Polarランニングプログラムの作成方法

Polarランニングプログラムの作成に必要なものはPolarアカウントのみです。プログラムの作成前に、Flowの設定で個人の情報・身体的情報が正確に設定されていることを確認してください。また、身体アクティビティレベルの質問に回答する際に、実際の状態を反映するようにしてください。これは作成するプログラムの種類に影響します。

プログラムの作成方法:

  1. www.polar.com/flowでFlowウェブサービスにログインします。
  2. タブからプログラムを選択します。
  3. イベントを選択して名前を入力し、イベント日とプログラムの開始日を設定します。
  4. 身体アクティビティレベルに関する質問に回答します。*
  5. プログラムにサポートトレーニングを含めたい場合は選択します。
  6. 身体的活動に関するアンケートを読み、入力します。
  7. プログラムを確認し、必要に応じて設定を調節します。
  8. 完了したら、「プログラム開始」を選択します。

*4週間のトレーニング履歴が利用可能な場合、事前入力されます。

A. イベント:5k、10k、ハーフマラソン、またはマラソンを選択します。イベントはプログラムの最小期間を決定します。

B. スケジュール:  プログラムの名前を入力し、イベント日と開始日を設定します。すぐに開始できます!

C. 身体アクティビティレベル:どの程度アクティブであるかについて。これは過去3か月のアクティビティに基づきます。*少なくとも4週間のトレーニング履歴がPolar Flowで利用可能な場合、事前入力されます。現在の状態に当てはまらない場合、選択内容を変更できます。

プログラムのプレビュー

プログラムのプレビューでランニングプログラムの概要が確認できます。プログラムが自分に合ったものであるか確認し、必要に応じて変更します。  この段階で設定を編集できます。変更に応じてプログラムは更新され、すぐに変更内容が確認できます。 

D. トレーニング週:スライダーで週を選択して詳細を確認できます。

E. 週の合計:選択した週の合計のランニングトレーニングセッションを表示します。

F. セッションスケジュール:該当する週に予定したセッションを表示します。ランニング、モビリティ、筋力、ストレッチングのすべてのセッションを表示します。セッションをクリックして詳細を確認できます。

G. 休息日:任意の日のボックスにチェックを入れて休息日として設定できます。プログラムに応じて、週ごとに1日以上の日を休息日に設定できます。ここでは、週ごとに特定の日のみを設定できますが、プログラムの作成後、個別のトレーニングセッションをある日から別の日にドラッグ&ドロップしてスケジュールに合うよう各トレーニング週を完全にカスタマイズできます。

Polarランニングプログラムの開始

トレーニング時に心拍数測定が必要となります。ランニングトレーニングセッションの実施方法は、デバイスにより異なります。

Vantage VおよびVantage M

セッションの開始前に、トレーニングセッション目標をデバイスに同期していることを確認します。セッションは、トレーニング目標としてデバイスに同期されます。

その日に計画されたトレーニング目標を開始するには:

  1. OK(右中央)ボタンを長押しして、プレトレーニングモードに入ります。
  2. 該当する日に、予定したトレーニング目標を開始するようすすめられます。
  3. OK(右中央)ボタンを押して、目標情報を表示します。

OK(右中央)ボタンを押して、プレトレーニングモードに戻り、使用するスポーツプロファイルを選択します。

V800、M400、M430

セッションの開始前に、トレーニングセッション目標をデバイスに同期していることを確認します。セッションは、トレーニング目標としてデバイスに同期され、「ダイアリー」から開始できます。セッションではデバイスのガイダンスに従って進めます。

  1. V800/M400/M430で「ダイアリー」に進みます。
  2. 日付を選択して計画した目標を表示します。
  3. 目標を選択し、スポーツプロファイルを選択します。
  4. スタートを押し、ガイダンスに従って進めます。

他の日に計画した目標を実施する場合、V800/M400の「ダイアリー」から日を選択し、該当する日に予定したセッションを開始します。

トレーニング後、デバイスをFlowと同期し、セッションの詳細を確認できます。

M600

セッションの開始前に、トレーニング目標がM600でPolarアプリに同期されていることを確認します。

  1. M600のフロントボタンを押してPolarアプリを開きます。
  2. 「トレーニング」をタップします。
    該当する日に、予定したトレーニング目標を開始するようすすめられます。チェックマークアイコンをタップします。
    または
    右から左へ1回スワイプして、過去7日間、今日、この先7日間の計画したトレーニング目標のリストを開きます。実行するトレーニング目標を探してタップします。
  3. トレーニングセッションに使用するスポーツプロファイルをタップします。
  4. M600のガイダンスに従います。

セッション終了後、スマートフォン上で一目でデータが分析できます。M600のPolarアプリは、トレーニングセッション後自動的にトレーニングデータをPolar Flowアプリと同期します。また、トレーニングデータはインターネット経由でPolar Flowウェブサービスに自動的に同期されます。

M200

その日のランニング目標はM200のTraining(トレーニング)のリスト上部に表示されます。

  1. 右ボタンを長押ししてランニング目標を選択します。その日に計画したフェーズトレーニング目標がある場合、右ボタンを押して計画したランニングセッションのフェーズを切り替えて表示できます。
  2. 右ボタンを長押ししてスポーツプロファイルのリストを開きます。
  3. 右ボタンでスポーツプロファイルを切り替えて表示できます。
  4. 外に出て、高い建物や木から離れてください。GPS衛星からの信号が見つかるまで、M200のディスプレイを上向きにして動かさずに待ちます。信号が見つかると、GPSアイコンが点滅から点灯に変わります。

    M200が心拍数を検出すると、心拍数が表示されます。

  5. 右ボタンを長押しして使用するスポーツプロファイルを選択し、ランニングセッションの記録を開始します。

A360、A370

セッションの開始前に、トレーニングセッション目標をデバイスに同期していることを確認します。セッションは、「トレーニング」または「今日の活動」からトレーニング目標としてデバイスに同期されます。該当する日に計画した目標を実行するだけで開始できます。セッションではデバイスのガイダンスに従って進めます。

  1. A360/A370で「トレーニング」に進みます。
  2. 該当する日に計画した目標を開始するようたずねられます。
  3. 目標を選択し、スポーツプロファイルを選択します。
  4. 目標を開始し、ガイダンスに従って進めます。

トレーニング後、デバイスをFlowと同期し、セッションの詳細を確認できます。

A300

セッションの開始前に、トレーニングセッション目標をデバイスに同期していることを確認します。セッションは、トレーニング目標としてデバイスに同期され、時刻表示画面でスタートを押す、または「目標」から開始できます。セッションではデバイスのガイダンスに従って進めます。

  1. A300の時刻表示画面でスタートを押します。
  2. 該当する日に計画した目標を開始するようたずねられます。
  3. 「はい」を選択し、スポーツプロファイルを選択します。
  4. 目標を開始し、ガイダンスに従って進めます。

他の日に計画した目標を実施する場合、A300の「目標」に進み、該当する日に予定したセッションを開始します。

トレーニング後、デバイスをFlowと同期し、セッションの詳細を確認できます。

Loop、Loop 2、Loop Crystal

ランニングセッションは、Polar Loopに目標として同期できませんが、心拍数測定を使用したトレーニング時に、各心拍ゾーンにおける累計の時間が記録されます。トレーニング時にガイダンスはデバイスから取得できないため、適切な時間、適切なゾーンでトレーニングしているか確認する必要があります。また、適切な効果が得られるよう、ゾーンリミットを把握しておくことも重要です。

トレーニング後、デバイスをFlowと同期し、セッションの詳細を確認できます。

進捗状況を確認

プログラムの進行時、「プログラム」タブから進捗を確認できます。現在のプログラムの概要と進捗状況が確認できます。

A. トレーニング週:スライダーで週を選択して詳細を確認できます。

B. トレーニング週の合計:選択した週の合計のランニングトレーニングセッションを表示します

C. セッションスケジュール:該当する週に予定したセッションを表示します。ランニング、モビリティ、ストレッチング、筋力のすべてのセッションを表示します。同じ暦上の週でのみトレーニングセッションを別の日にドラッグ&ドロップできることに注意してください。これによりスケジュールに合うよう各トレーニング週を完全にカスタマイズできます。 セッションはプログラムの開始後にのみ他の日に移動できることに注意してください。現在より2週間後にプログラムのスケジュールを作成した場合、プログラムの開始日までセッションを移動できません。 対象のイベントは、ビルドアップまたはテーパリングの段階で同じ暦上の週内で移動できます。基礎づくりの段階では移動できません。 基礎づくりの段階では、プログラムは4週間ごとに更新されるため、現在進行中の4週間セットのみをカスタマイズできます。

D. 心拍ゾーンでのトレーニング時間:週間目標を達成できるようサポートします。該当する週の目標と比較して各ゾーンでの累計の時間が確認できます。

E. イベント予測:イベント予測はイベントの終了時間がどの範囲にあるか概算します。これは、ランニングプログラム トレーニングセッションから算出されたランニングインデックススコアに基づきます。

F. 週間アワード:各週におけるプログラムの実施状況に関するフィードバックを受け取ります。結果に応じてスターを取得できます。以下は、星の取得に必要なもの、または星が取得できない理由に関する説明です。

  • 1 スター: 平均して、各心拍ゾーンで目標の75%を達成した。
  • 2 スター:平均して、各心拍ゾーンで目標の90%を達成した。
  • 3 スター:平均して、各心拍ゾーンで目標の100%を達成した。
  • スターなし:中ゾーン(3)でトレーニングしすぎた場合(200%を上回る)。
  • スターなし:高強度トレーニングゾーン(4、5)でトレーニングしすぎた場合(150%を上回る)。

プログラムの更新

4週間の基礎づくりの後、プログラムの更新が必要です。プログラムは、パフォーマンスに基づいて、プログラムを続行する方法について提案をします。提案内容:次のレベルに続行、同じレベルで続行またはレベルを下げる。目標を完全に達成していない場合、プログラムはレベルを下げるよう提案し、次のレベルへは進めないことに注意してください。十分に向上し、目標を達成した場合、プログラムは次のレベルへ進むよう提案し、レベルを下げることはできません。プログラムの続行方法を決めたら、「続行」を選択します。

5Kまたは10Kイベントのためのトレーニングの場合:プログラムが9週間未満の場合、基礎づくりの期間はなく、プログラムの更新をたずねられることはありません。プログラムが13週間またはそれ未満の場合、1つの4週間基礎づくり期間があります。

ハーフマラソンまたはマラソンイベントのためのトレーニングの場合:プログラムが15週間未満の場合、基礎づくりの期間はなく、プログラムの更新をたずねられることはありません。

A. フィードバック:前回の週で実施したプログラムのパフォーマンスに基づいたフィードバック。これをもとに推奨プログラムが作成されます。

B. 現在のプログラムと推奨プログラム:  現在のプログラムを推奨プログラムと比較できます。

C. プログラムの更新:プログラムが基礎づくりレベルを自動的に更新するよう設定する場合、プログラムの更新ボックスにチェックマークを入れます。

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.