Menu

夜間の皮膚温

夜間の皮膚温計測では、睡眠中の皮膚温が自動的に記録されます。記録結果は28日間の平均値と比較され、平均値との差が表示されます。皮膚温の差を追跡することは、身体状態の変化を検知するのに役立ちます。

通常はおよそ+37℃ (98.6 °F) でかなり安定している深部体温とは対照的に、皮膚の温度はもっと大幅に変動する可能性があります。これは、肌の血流を変えることによって、身体が深部体温を調整しているためです。また、環境要因も皮膚温に影響します。通常、皮膚温との差が+-1℃ / +-1.8℉以内に収まっている場合、それは普通であると見なされます。室温が低めだったり、または寝ている間に手が布団から出ているなど、環境要因によって体温が下がることはままあります。体温が高めの場合、それは病気になりかけている徴候である可能性があります。高めの体温は、月経周期の後半(排卵期と分泌期)であることを示している可能性もあります。

皮膚温の計測機能は体温計として使うことはできません。この機能は絶対的な温度ではなく、平均皮膚温との差のみを示しています。体調が優れない場合は、体温計を使って体温をダブルチェックしてください。

この体温計測機能やデータは、医療目的、診断、治療には使えません。

夜間の皮膚温機能の使用を開始するには

  1. 夜間の皮膚温計測機能を作動させるには、継続的な心拍計測を有効にする必要があります。継続的な心拍数計測を有効にするには、「設定」 > 「基本設定」 > 「継続的な心拍数計測」に進み、「オン」または「夜間のみ」を選択します。
     
  2. 睡眠時には、リストバンドを手首周りにしっかりと締め、腕時計を装着します。詳しい装着手順は、手首での心拍計測を参照してください。
  3. 夜間の皮膚温の結果を腕時計に表示するには、その前に腕時計を3晩装着する必要があります。3晩が経過するとあなたの平均皮膚温が分かり、ベースライン(ゼロ)として表示されます。ベースラインの計算には、直近の過去28晩が考慮されます。

Polar Flowアプリにおける夜間の皮膚温

アプリで皮膚温データを見るには、腕時計をPolar Flowアプリと同期します。腕時計を同期するには、Polar Flowアプリを使用しなければいけないことにご注意ください。コンピューターでPolar FlowSyncソフトウェアを使って皮膚温データを同期することはできません。

Polar Flowアプリで、メニューから皮膚温を選択します (1)。皮膚温表示 (2) では、昨晩の計測結果をチェックしたり、1週間または1か月間にわたる皮膚温の変動を見たりすることができます。ダイアリー (3) のカードでは、昨晩の計測結果を確認することも可能です。カードをタップすると、皮膚温表示が開きます。


Skin temp views in Flow app​​

腕時計での夜間の皮膚温

腕時計があなたが起きたことを検知すると、睡眠中に計測された皮膚温が平均皮膚温と比較され、平均値との差が表示されます。文字盤から左右にスワイプし、 夜間の皮膚温表示に移動します。


腕時計が睡眠のサマリーをまだ作成していない場合は、睡眠状態のトラッキングを手動で停止することもできます。腕時計が4時間以上の睡眠を検知すると、夜間の皮膚温表示にはZzz...と表示されます。ディスプレイをタップすると、お目覚めですか?という表示が現れます。タップして確定すると、  腕時計に睡眠のサマリーが直ちに表示されます。睡眠が認識されないと、皮膚温は提供されません。

夜間の皮膚温表示に含まれる情報は:

  1. 平均皮膚温との差。
     
  2. 通常のレベルと比較したときの皮膚温。スケール:通常より低い通常通常より高い通常より非常に高い

    差が+-1℃ または +-1.8℉以内に収まっている場合、それは通常と見なされます。平均皮膚温との差が+2℃または+3.6℉を超えている場合、それは通常より非常に高いと見なされます。
     
  3. 直近の過去7晩の皮膚温の計測値を示すグラフ。

 

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.