Menu

OH1を用いるPolarフィットネステスト

光学心拍数測定によるPolarフィットネステストは、安静時の有酸素運動(心血管)能力を短時間で測定する、容易で安全な方法です。その結果であるPolar OwnIndexは、一般的に有酸素運動能力の評価に用いられる最大酸素摂取量(VO2max)に相当します。長期的なトレーニング状況、心拍数、安静時の心拍変動、性別、年齢、身長、体重のすべてがOwnIndexに影響します。Polarフィットネステストは、健康な成人による利用目的で開発されています。

有酸素運動能力は、身体に酸素を運ぶ心血管系が、どの程度良好に機能しているかに関連しています。有酸素運動能力の高さは、心臓が健康で効率的であることを意味します。有酸素運動能力が高いと、多くの健康上の利点があります。たとえば、それにより高血圧を改善し、あなたの心血管疾患および心臓発作のリスクを低減します。有酸素運動能力を高めたいなら、自分のOwnIndexにはっきりと変化が見られるまで、通常のトレーニングを平均6週間程続ける必要があります。現在、特に運動習慣がない人ほど、すぐに進歩が確認できます。有酸素運動能力が向上すればするほど、あなたのOwnIndexにおける改善度は小さくなります。

また有酸素運動能力は、大きな筋肉群を使用するタイプのトレーニングにより、最も改善されます。これには、ランニング、サイクリング、ウォーキング、ボート漕ぎ、水泳、スケート、クロスカントリースキーなどが含まれます。進捗をモニタリングするには、まず最初の2週間で数回、OwnIndexを測定して基準値を確認し、その後は月に1回程度テストを行います。

テスト結果を確かで信頼のおけるものにするには、以下の基本的な条件を守ってください。

  • テストは、静かな場所であれば、自宅、オフィス、スポーツクラブ等どこでも実施できます。気が散るような音(テレビ、ラジオや電話など)を避け、人と話すのもやめましょう。
  • 常に同じ環境と時間帯で、テストを実施します。
  • テスト実施前2~3時間は、重い食事の摂取、また喫煙を避けてください。
  • テスト前日およびテスト当日は、きつい運動やアルコール、および興奮性のある薬物の摂取を避けてください。
  • 穏やかでリラックスした状態になります。テストを開始する前に1~3分間横になり、リラックスしてください。

テスト前およびテスト中

OH1を前腕または上腕の周りにぴったりと装着してください。OH1センサーの光学心拍センサーを血液の流れを妨げないよう、アームバンドをきつくない程度にしめ、センサーがきちんと肌に触れるようにしてください。

身体の動きを最小限にし、会話を止め、リラックスします。小さな動きでもテストを妨げ、テストが失敗する可能性があるため、テスト中にできるだけ静止することが重要です。

Polarフィットネステストは、以下のPolarデバイス/アプリケーションを使用して、OH1で実行できます。

  • Polar Beatアプリ
  • Polar V800
  • Polar M460

フィットネステストの実施手順については、Polar製品ユーザーマニュアルをご確認ください。

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.