Menu

Polar FlowアプリのPolarフィットネステスト

Polarフィットネステストは、対応するPolar心拍センサーとPolar Flowアプリを使って実施できます。サポートされているPolar心拍センサーは、H6、H7、H9、H10、OH1とVerity Senseです。

Polar心拍センサーをPolar Flowアプリとともに使用するには、最初にセンサーをアプリとペアリングする必要があります。

Polar心拍センサーをペアリングするには:

  1. センサーを正しく着用してください ( 光学センサー とチェストストラップの手引き)。 
  2. 光学センサー(OH1またはVerity Sense)をオンにします。
  3. Polar Flowアプリを開き、スタート > テスト中に進みます。
  4. 設定の歯車アイコンをタップし、ペアリングのテキストの隣にあるセンサーを見つけ、タップしてセンサーとペアリングします。

光学式心拍数のPolarフィットネステストは、安静時の有酸素運動(心血管循環)能力を短時間で測定する、簡単で安全な方法です。この結果データPolar OwnIndexは、最大酸素摂取量(VO2max)と比較検証できます。これは通常エアロビクスフィットネス能力を評価する時に使われるデータです。長期的に見た時のトレーニング頻度、心拍数、安静時の心拍数変動、性別、年齢、身長、体重のすべてがOwnIndexの値に影響します。Polarフィットネステストは健康な成人用に開発されたメソッドです。

エアロビクスフィットネスレベルは、心血管系システムが、体内で酸素をどれだけ効率的に運搬しているかがキーとなります。エアロビクスフィットネスのレベルが高いほど、心臓が強く、効率的に働いていると言えます。良好なエアロビクスフィットネスには、健康の効果がたくさんあります。例えば、これは高血圧のリスクと心血管疾患や脳卒中のリスクを減らすのに役立ちます。エアロビクスフィットネスの改善を目指す場合、OwnIndexに顕著な変化が生じるまで、平均6週間の定期的なトレーニングが必要となります。エアロビクスフィットネスの低い人は、より早く進歩が見られます。元々のエアロビクスフィットネスが高ければ高いほど、OwnIndexの改善は小さくなります。

エアロビクスフィットネスは、多くの筋肉を使うトレーニングで向上させるのが、ベストな方法です。このようなアクティビティには、ランニング、サイクリング、ウォーキング、ボート、水泳、スケート、クロスカントリースキーが含まれます。進捗を監視するには、最初の2週間のうちにOwnIndexを2、3回測定してベースライン値を決定し、その後、月に1回程度テストを繰り返します。

テスト結果が信頼できるものであることを保証するために、以下の基本要件を適用されます:

  • テスト環境が穏やかであれば、家の中、オフィスの中、ヘルスクラブの中など、どこでもテストを実施できます。気を散らせる音(例:テレビ、ラジオ、電話)がなく、他の人があなたに話しかけないようにしてください。
  • 常に同じ環境で同じ時間にテストを実施してください。
  • テストの2~3時間前に、食べ過ぎたり、喫煙したりしないでください。
  • テストの当日および前日は、激しい運動、アルコールの摂取、および医薬用興奮剤の使用を避けてください。

リラックスした状態で、テストに臨んでください。テストを開始する前に、1~3分間、横になりリラックスしてください。

フィットネステストを実施するには:

Polar心拍センサーを正しく装着します。

Polar Flowアプリからテストを開始します:

  

身体の動きを最小限にし、会話を止め、リラックスします。わずかな動きだけでもテストの妨げとなり、失敗の原因となるので、テスト中はできるだけ静かにしていることが重要です。テストが終了すると、Polar Flowアプリは概算のフィットネステスト結果の説明とVO2maxを表示します。

Contact Us
お問い合わせ
Request repair
修理の依頼

Change region

If your country is not listed on this page, please find your local contact details, retailers and stores and service points on our global site.