Polar Verity Senseのお手入れ方法

一般的な電化製品と同様に、Polar Verity Senseも清潔に保ち、丁寧にお取り扱いください。以下の手順は、保証義務を実行し、デバイスを良好の状態に保ち、充電または同期時に起こりうる問題を避けることに役立ちます。

Polar Verity Senseを清潔に保つには

トレーニング セッションを終える度に、センサーをぬるま湯で洗ってください。センサーは耐水性があり、電子部品を損傷することなく水道水で洗うことができます。必要に応じて、センサーを低刺激石鹸と水溶液で洗浄します。アルコールや研磨剤(スチールウールや洗浄用の化学薬品)は絶対に使用しないでください。

トレーニング セッションを終える度に、アームバンドをぬるま湯で洗ってください。アームバンドは洗濯機で洗えます。詳しくは、アームバンドのラベルに記載のお手入れ方法を確認して下さい。洗濯ネットの使用を推奨します。漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。

洗浄前に、センサーをアームバンドから必ず外してください。

ホルダーの穴からセンサーを押し出して、簡単に外すことができます。

充電と同期がスムーズに実行するよう、センサーとUSBアダプターの充電接点を常に清潔に保ってください。

センサーの酸化や塩水(汗や海水など)や汚れによるその他の損傷を防ぐため、センサーの充電接点を清潔に保ってください。

充電前に、センサーとUSBアダプターの充電接点に水気、ほこりなどの汚れがないことを確認してください。汚れや湿気は優しく拭き取ってください。尖った工具を清掃に使用しないでください。製品を傷つける恐れがあります。センサーが濡れているときは充電しないでください。

光学式心拍センサーの手入れを適切に行ってください。

光学式センサー部分を清潔に保ち、また傷がつかないよう気をつけてください。傷や汚れにより、光学式心拍数測定の性能が低下します。

センサー着用部位に香水やローション、日焼け止め、虫除けスプレーを使用しないでください。センサーが上記の物質、またはその他の化学薬品に触れた場合は、低刺激石鹸と水溶液で洗い、流水でよくすすいでください。

保管

トレーニングデバイスは、涼しく乾燥した場所に保管してください。湿気の多い場所で保管しないでください。また通気性のない素材(プラスチックバックまたはスポーツバック)や濡れたタオルのように通電性の高いものと一緒にしないでください。車に放置したり、バイクマウントに取り付けたままにしたりするなど、トレーニングデバイスを長時間直射日光にさらさないでください。トレーニングデバイスは一部または完全に充電した状態で保管することが推奨されます。保管中も電池は少しずつ消耗します。トレーニングデバイスを数か月間使用せずに保管する場合は、数か月ごとに充電することが推奨されます。これにより電池寿命が延びます。

デバイスを寒暖の極端な場所(–10 °C/14 °F未満の温度、また、50 °C/120 °Fを超える温度)に置いたり、直射日光に晒さないでください。

アフターサービス

2年間の保証期間中は、認定Polarサービスセンターにのみ、製品修理等を依頼されることをお勧めします。Polar Electroの指定サービスセンター以外で修理したことによる損傷、またはそれに起因する間接的な損傷は保証の対象になりません。詳しくは、Polar制限付き国際保証(Limited International Polar Guarantee)をご参照ください。

連絡先情報およびPolarサービスセンサーの所在地については、 support.polar.com および各国のウェブサイトにアクセスしてください。