バッテリー

製品が寿命に達し廃棄する際は、Polarは自然環境や健康面への配慮から影響を最小限に抑えるため、現地の廃棄物処理規則に従って適切な処分を行うことを推奨しています。可能であれば、電子機器専用の収集場所にて手続きを行ってください。本製品を普通ごみとして廃棄しないでください。

電池の充電

Verity Sense には、充電可能な電池が内蔵されています。充電式電池の充電回数には限りがあります。電池を500回以上充電および放電すると、容量が著しく低下します。充電可能回数は、使用および動作状況によっても変化します。

充電前に、Verity SenseとUSB充電アダプターの接点に、水気、ほこりなどの汚れがないことをチェックしてください。汚れや湿気は優しく拭き取ってください。センサーが濡れているときは充電しないでください。

温度が0°C(+32°F)以下/40 °C(+104 °F)以上の環境、またUSBポートが濡れている状態で、デバイスを充電しないでください。
アダプターを電源につなげる前に、センサー本体にUSB充電アダプターを接続してください。センサー本体無しで、USB充電アダプターだけを電源に接続したままにしないでください。

本製品に同梱の専用USB充電アダプターを使用し、お使いのコンピュータのUSBポートにつないで充電します。壁のコンセントにつなげて充電することもできます。壁のコンセントから充電する場合は、USB電源アダプター(これは付属品には含まれません)を使用してください。

バッテリーは、コンセントからも充電できます。その場合は、USB電源アダプタ(別売り)を使用してください。USB電源アダプタを使用する際には、そのアダプタに「出力5VDC」の刻印があり、500mA以上に対応することを必ずご確認ください。適切な安全認証を取得済みのUSB電源アダプタ(「LPS」、「Limited Power Supply」、「UL listed」または「CE」の刻印のある)のみを使用してください。

コンピュータでの充電方法は、Verity Senseをコンピューターに接続するだけです。充電しながらFlowSyncと同期させることも可能です。

  1. センサーとUSBアダプタがしっかりはまるよう、レンズを上向きにしてセンサーをUSBアダプタに入れます。

  2. USBアダプターをコンピュータのUSBポートに接続するか、USB電源ソケットに差し込みます。

    バッテリーが完全に空の状態では、充電が開始するまでに数分かかる場合があります。

長時間電池を空のままにしたり、常に満充電にしたりしないでください。電池の寿命に悪影響を及ぼすおそれがあります。