現在のページ: 機能 > ルートガイダンス

ルートガイダンス

ルートガイダンス機能では、過去のセッションで記録しておいたルートや、komootStravaなどの第三者メーカーのサービスを利用してFlowにインポートしたルートを使って、進行ルートを案内します。Flowに直接インポートできるルートファイル形式は、GPXまたはTCXファイルのどちらも可能です。

ルート開始地点、ルート終着点、またはルートの至近地点(中間ルート)から選択することができます。まずはじめに、ウォッチはルート上のあなたが選択した開始地点にガイドします。一度ルートにのると、ウォッチがあなたの全行程をガイドし、ルートから外れないようモニタリングします。ディスプレイ画面のガイダンスに従ってください。ディスプレイ画面の下に、残りの距離が表示されます。

ルートと傾斜のプロファイル

ルートを選択すると、全体のルートマップが表示され、傾斜のプロファイルも確認できます。このデータからルートを詳しく確認でき、トレーニング セッションへの準備を事前に整えることができます。

ルート上の上昇と下降箇所の割合:

予定したルートに沿って出発する前に、ルート上のすべての上昇と下降箇所をチェックできます。進行途中で上昇・下降箇所の割合値が常に更新されるので、目的地までの残りの傾斜箇所を把握することも可能です。同時に現地点での上昇/下降率も表示します。さらにいつでも実際の位置、目的地までの距離を確認できます。

予定していたルートを外れてしまった場合も、直前の1㎞区間の傾斜箇所の詳細と、現地点での上昇/下降率のチェックが可能です。

komootを使えば、細かな部分まで綿密にルートの計画を立て、Flowから腕時計にそのルートデータを転送し使うことができます。

ウォッチにルートを追加する

腕時計にルートデータを追加するには、Flowウェブサービスまたはアプリから、お気に入りとして保存する必要があります。あらかじめ腕時計に同期させておいてください。くわしくは、Polar Flowでのお気に入り項目とトレーニング目標の管理をご参照ください。

ルートガイダンスを使ってトレーニング セッションを開始

  1. 使いたいスポーツプロファイルを選択し、プレトレーニングモードで、LIGHT(左上)ボタンを押すか、タップしてクイックメニュー画面を表示させます。
  2. リストから Routes(ルート) を選び、希望するルートを選択します。
  3. 炭水化物リマインダードリンク リマインダー機能を追加することもできます。ここまで設定できたらスタートをタップします。
  4. ルートを開始するポイントを選択します:スタートポイント中間ルート終着点から折り返し 、または 中間ルートから折り返し
  5. 腕時計が心拍数とGPS衛星シグナを検出するまで、プレトレーニングモードのままで待機してください。トレーニング セッションを始める前に、コンパスの校正を促すメッセージが表示される場合があります。その場合は、画面表示に従って校正を行ってください。
  6. ウォッチがあなたをルート上にガイドします。「ルートのスタートポイントが見つかりました」 が、開始地点に到着した時点で表示されます。出発準備完了です。

終了すると、「Route-end point reached(ルート終着点に到着しました)」 が表示されます。

ズーム

ルートを拡大・縮小表示できます。OKを押し、拡大縮小を選択、+ボタンを使ってルート表示サイズを調整します。

途中でルートを変更する

トレーニング セッションの途中でもルートを切り替えることができます。

  1. BACK(左下)ボタンを押してトレーニング セッションを一時停止し、LIGHT(左上)ボタンを押しクイックメニュー画面に入ります。
  2. 次にルートを選択すると、「ルートを変更しますか?」と表示が出ます。「はい」を選択しリストから新しいルートを選びます。
  3. 準備ができたら、スタートをタップします。