現在のページ: 設定 > 個人設定

個人設定

個人設定を表示、変更する場合は、設定 > 個人設定を選択します。個人設定は正確であることが重要です。体重、身長、生年月日および性別は、心拍ゾーンリミットやカロリー消費量などの測定精度に影響を与えるため、正しく設定することが必要です。

個人設定には以下の項目が含まれます。

  • 体重
  • 身長
  • 生年月日
  • 性別
  • トレーニング頻度
  • 活動目標
  • 希望する睡眠時間
  • 最大心拍数
  • 安静時の心拍数
  • VO2max

体重

体重をキログラム(kg)またはポンド(lbs)で設定します。

身長

身長をセンチメートル(cm)またはフィートおよびインチ(ヤードポンド法の場合)で設定します。

生年月日

生年月日を設定します。日付の順番は、選択した時間および日付表示モード(24h:日 - 月 - 年/12h:月 - 日 - 年)。

性別

男性または女性を選択します。

トレーニング頻度

トレーニング背景は、あなたの長期的な身体活動レベルの評価です。過去3カ月間の、身体的活動量と強度を最も良く説明している選択肢を選択します。

  • 時々(0-1 h/週):ごくまれにしか、激しい呼吸や発汗を伴う運動などの身体的活動を行わない。
  • 普通(1-3 h/週):週に5~10 km(3~6マイル)走る、またはそれに匹敵する身体的活動を週1~3時間など、定期的にスポーツをしている。または、仕事上で適度な身体的活動を行っている。
  • 頻繁(3-5 h/週):週に20~50 km(12~31マイル)走るか、週に3回以上ハードな運動を行なう。またはそれに匹敵する身体的活動を週3~5時間している。
  • 非常に頻繁(5-8 h/週):週に5回以上ハードな運動をするか、競技でパフォーマンスを向上させるための運動を行う。
  • セミプロレベル(8-12 h/週):ほとんど毎日、強度の高い身体的運動を行い、競技のパフォーマンスを向上させるための運動をする。
  • プロレベル(12 + h/週):あなたは、耐久能力を持つアスリートです。競技でのパフォーマンス向上のために強度の高い身体的運動を行う。

活動目標

日常活動目標は、日々の生活における実際の活動量を把握する良い方法です。3つの選択肢から典型的な活動レベルを選択することで、日常活動目標の達成に必要な活動量を知ることができます。

日常活動目標の達成に必要な時間は、選択したレベルと活動強度で決まります。また、年齢と性別により、日常活動目標の達成に必要な強度も異なります。

レベル 1

運動をあまりせず、座って過ごすことが多く、自動車や交通機関を利用して通勤するといった生活を送られている場合、このアクティビティレベルを選択されることをお勧めします。

レベル 2

職種により、または日常の仕事などで動き回ることが多い場合、このアクティビティレベルが適切です。

レベル 3

肉体的にきつい仕事、スポーツをしている、または活動的に過ごすことが多い場合は、このアクティビティレベルが最適です。

希望する睡眠時間

どの程度の睡眠時間を確保するか自分が望む最適睡眠時間を設定します。デフォルトでは、あなたの年齢層の平均的な推奨値に設定されています(18歳から64歳までの大人の場合は8時間)。8時間の睡眠があまりにも少なすぎると感じたら、個人のニーズに合わせて自分が望む最適睡眠時間を調整することをお勧めします。これを行うこにより、自分が望む最適睡眠時間に比べてどのくらいの睡眠をとったかについて正確なフィードバックが得られます。

最大心拍数

あなたの現在の最大心拍数が分かる場合は、最大心拍数を入力します。最初にこの値を設定する際には、デフォルト値として年齢から推定される最大心拍数(220-年齢)が表示されます。

HRmax(最大心拍数)は、エネルギー消費量を推定するために使用されます。HRmaxは、トレーニング中の1分間の最大心拍数を意味します。あなた個人のHRmaxを判定する最も正確な方法は、医療機関における運動負荷試験の実施です。HRmaxはまた、トレーニング強度を決定する際にも重要です。個人差があり、年齢、先天的要因も影響します。ランニングパフォーマンステストを実行すると、自分の最大心拍数を確認することができます。

安静時の心拍数

安静時の心拍数とは、完全にリラックスした状態で測定される1分間の最低心拍数(bpm)です。年齢、フィットネスレベル、遺伝、健康状態、性別は、安静時の心拍数に影響します。大人の典型的な値は55〜75 bpmですが、非常にフィットネスレベルが高い場合など、安静時の心拍数はそれよりも大幅に低くなる可能性があります。

目を覚ました直後に、よく眠った後の朝に安静時の心拍数を測定することが最善です。リラックスするために、トイレにいってもかまいません。測定までに激しいトレーニングをしないようにしてください。また、アクティビティから完全に回復していることを確認してください。連続した朝に測定を2回以上行い、安静時の平均心拍数を計算することが望ましいです。

安静時の心拍数を測定するには:

  1. 腕時計を装着します。仰向けに寝て、リラックスします。
  2. 約1分後、ウェアラブルでトレーニング セッションを開始します。任意のスポーツプロファイルを選択します(例:Other indoor(屋内その他))。
  3. 横になったままで、静かに3〜5分間呼吸します。測定中はトレーニングデータを見ないようにしてください。
  4. Polarデバイスでトレーニング セッションを停止します。ウェアラブルをPolar FlowアプリケーションまたはWebサービスと同期させ、最小最小心拍数心拍数(HR min)の値についてトレーニング概要を確認してください。これが安静時の心拍数です。Polar Flowの個人設定で、安静時の心拍数を更新します。

VO2max

VO2maxを設定します。

VO2max(最大酸素摂取量、最大有酸素パワー)は、最大限の運動の際、身体が利用できる酸素の最大量です。これは心臓が筋肉に対して血液を供給できる最大能力に直接関係しています。VO2maxは、フィットネステストにより測定または推測できます(例:最大運動テスト、最大下運動テストなど)。ランニングパフォーマンステストまたはサイクリングパフォーマンステストを実行すると、自分の最大酸素摂取量(VO2max)を確認することができます。