現在のページ: 機能 > Smart Coaching > 継続的な心拍数

継続的な心拍数

継続的な心拍計測の機能は、24時間心拍数を測定します。これにより、サイクリングといった手首の動きの少ないアクティビティも記録できるため、日常的なカロリー消費と全体的なアクティビティの正確な測定が可能となります。

腕時計での継続的な心拍数

腕時計の 「設定」 > 「基本設定」 > 「継続的な心拍計測」 で、継続的な心拍計測機能をオン、オフまたは夜間のみモードに切り替えることができます。夜間のみモードを選択する場合、最も早い就寝時刻で開始するように心拍数計測をセットします。

この機能は、デフォルトでオフになっています。腕時計で継続的な心拍計測機能を使用し続けると、電池を早く消耗します。Nightly Rechargeを機能させるために、継続的な心拍計測を有効にする必要があります。電池を節約して、さらにNightly Rechargeを使用する場合、継続的な心拍数計測を夜のみにセットします。

時刻表示画面で、UP(右上)ボタンおよびDOWN(右下)ボタンを使用して、心拍数文字盤表示に移動します。OKボタンを押して詳細表示を開きます。

この機能がオンになっていると、腕時計は継続的に心拍数を測定し、それを心拍数画面表示に表示します。詳細を開くと、その日の最高心拍数と最低心拍数を確認したり、前夜の最低心拍数を確認することもできます。

腕時計は5分間隔で心拍数を追跡し、Polar FlowアプリまたはWebサービスで後で分析するためにデータを記録します。心拍数が上昇していることを腕時計が検知すると、継続的に心拍数を記録し始めます。継続的な記録は、1分以上速いペースで歩いた場合など、手首の動きに応じて開始することもできます。アクティビティレベルが十分に低くなると、心拍数の継続的な記録が自動的に停止します。腕が動いていないこと、または心拍数が上がっていないことを腕時計が検出すると、5分周期で心拍数が追跡され、その日の最も低い心拍数がわかります。

場合によっては、日中の最高または最低心拍数として連続心拍数サマリーに表示されるよりも、日中の腕時計の心拍数が低いことがあります。これは、表示されている測定値が計測間隔外にある場合に発生する可能性があります。

継続的な心拍数機能がオンで、背面のセンサーが肌に触れているときは、腕時計の背面にあるLEDが常に点灯しています。手首から正確な心拍数を読み取るための腕時計の装着方法については、手首での心拍計測を参照してください。

Polar Flowでは、ウェブまたはモバイルアプリのいずれかで、より詳細かつ長期間の継続的な心拍計測データを読み取ることができます。こちらの詳細なガイドで継続的な心拍計測の詳細を確認できます。