現在のページ: 機能 > 気圧計

気圧計

気圧計機能には、高度、上方傾斜、下方傾斜、上昇、下降が含まれます。高度は、測定した気圧を高度に換算する大気圧センサーを使って測定します。上昇および下降率は、メートルおよびフィートで表示されます。

トレーニング セッションの最初の数分間に、GPSを介して気圧高度が自動的に2回校正されます。校正前のトレーニング セッションの開始時には、高度は気圧によってのみ決まるため、状況によっては不正確になることがあります。高度データは校正後に後補正されるため、トレーニング セッション開始時に表示される不正確な測定値は後で自動的に補正され、データを同期した後、セッション後にFlowウェブサービスおよびアプリで補正データを表示できます。

ピークまたは地形図のような信頼できるリファレンスが利用可能な場合、または海抜ゼロにある場合は、高度測定の精度を高めるために、手動で高度を校正することをお勧めします。高度はフルスクリーンの高度トレーニングビューから手動で校正できます。OKボタンを押して現在の高度を設定します。

デバイスに土や汚れなどが付着していると、高度測定の精度に影響する可能性があります。気圧高度測定が正確に行われるようデバイスを清潔に保ってください。