現在のページ: 機能 > GPS

GPS

腕時計は内蔵のGPSにより、様々なアウトドアスポーツにおける正確な速度、距離、および高度を測定し、またトレーニング セッション後にPolar FlowアプリおよびPolar Flowウェブサービスのマップ上でルートを確認できます。

腕時計は補助GPS(A-GPS)を使用し、瞬時の衛星の捕捉を可能にします。A-GPSは、GPS衛星の予測位置を腕時計に提供します。これにより、腕時計は衛星を探す位置を予測できるので、受信環境が良好でない場合でも、数秒以内で信号を受信することができます。

A-GPS(補助GPS)データは1日に1回、更新されます。最新のA-GPS(補助GPS)データファイルは、腕時計をFlowSyncソフトウェアまたはPolar Flowアプリ経由でFlowウェブサービスに同期すると、ダウンロードされます。スマートフォンがBluetooth接続の範囲内にあり、Polar Flowアプリが実行されている場合、A-GPSデータはPolar Flowアプリ経由で1日に1回腕時計に自動でダウンロードされます。

A-GPS(補助GPS)有効期限

A-GPS(補助GPS)データファイルは最長14日間有効です。そのうち、最初の3日間のデータの精度が比較的高く、残りの日数において精度は次第に低下します。定期的に更新することにより、位置の精度を維持できます。

腕時計の現在のA-GPS(補助GPS)データファイルの有効期限を確認できます。腕時計からSettings(設定) > General settings(基本設定) > About your watch(腕時計について) > A-GPS exp. date(A-GPS有効期限)に進みます。データファイルの有効期限が切れている場合は、FlowSyncソフトウェアを介して、または、Polar Flowアプリを使用して、腕時計をPolar Flowウェブサービスに同期し、A-GPS(補助GPS)データを更新します。

A-GPS(補助GPS)データファイルの有効期限が切れると、現在位置を取得するのに長い時間がかかる場合があります。

GPSのパフォーマンスを最大にするため、腕時計を手首でディスプレイが上を向いた状態で装着してください。腕時計のGPSアンテナの位置の関係上、ディスプレイを手首の内側に向けた状態でのトレーニングはお勧めできません。M430をバイクのハンドル上に装着する場合も、ディスプレイが上を向くのを確認してください。